読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Appleと井村屋を対決させて、わかったこと

ビジネス ファイナンス

日米の有名企業 

 

Appleと言えば、世界の歴史上、最大の利益を稼ぎ出す超巨大企業になりました。

はい、ボクもiPhoneを使っていて、こんなブログを書いているわけですよ。

 

 

いっぽう、井村屋と言えば、日本を代表する「あずきバー」の会社。

ボクも大好きです。

 

 

このあずきバーは6本入りの箱が8箱セットになったものです。

現時点でAmazonで3,280円なので、1箱だと410円。

 

では、この日米を代表する企業を比較してみましょう。

決算期が半年ズレているので申し訳ないですが、それぞれこれを見てください。

 

Appleはこちら。

jp.investing.com

 

井村屋はこちら。

www.ullet.com

 

直近の2015年だと、Appleは2015年9月末、井村屋は2015年3月末が決算期になります。

これで比較します。

日本円で比較しますね。

1ドル=120円とします。

まず売上高。

Apple:28兆458億円

井村屋:363億46百万円

Appleが井村屋の約771倍ですね。

次に当期純利益。いわゆる会社の最終的な儲け。

Apple:6兆4073億円

井村屋:3億81百万円

Appleが井村屋の約1万6817倍ですね。

 

考えてみてくださいよ。

Appleの売り上げは井村屋のたったの771倍しか無いのに、利益は1万6千倍以上もあるんです。

いかにAppleが良く儲かっている優良企業であるかがわかりますよね。

 

売上高

 

しかし、我らが日本代表の井村屋にもエールを送りたいです。

もしAppleに並ぶためにはどうすればいいか。

まず、Appleの売上高に並ぶには。

さっきのあずきバーを思い出してみてください。

1箱で410円でしたね。

話を簡単にするために、井村屋の売り上げはすべて、あずきバーだとしましょう。

するとAppleの売上高に並ぶには、

 

28兆458億円 ÷ 410円 = 約68,404,390,244箱

 

そうです。あの箱が、1年間に684億箱売れればいいんです。

日本の人口をざっくり1億3千万人だとすると、

 

684億箱 ÷ 1億3千万人 = 約526箱

 

日本人が一人あたり、526箱のあずきバーの箱を買えばいいんです、1年間に。

 

6本 × 526箱 = 3,156本

 

3,156本 ÷ 365日 = 約8.65本

 

つまり、日本人全員が1年間、毎日欠かさず9本のあずきバーを食べ続ければ、井村屋の売上高は、あのAppleに並ぶんです。

 

できそうですよね!

 

利益

 

では利益で並ぶには。

さっき書いたように井村屋の業績は、売上高が363億46百万円、当期純利益:3億81百万円です。

つまり最終利益率は売り上げの約1%なんです。

ではこれは変わらないと仮定しましょう。

で、あずきバー6本入りが1箱売れれば、売り上げは410円ですから、利益は4.1円ですね。

もう一度書きますが、Appleの利益は、6兆4073億円。なので、

 

6兆4073億円 ÷ 4.1円 = 1,562,756,097,561箱

 

1年間に、1兆5,627億5,609万7,561箱のあずきバーが売れれば並びます。

これまた日本の人口1億3千万人で割ってみます。

 

1兆5,627億5,609万7,561箱 ÷ 1億3千万人 = 約12,021箱

 

日本人一人一人が1年間に1万2,021箱のあずきバーを買えばいいんです。

これを本数にすれば、

 

1万2,021箱 × 6本 = 72,126本

 

これを1日あたりに換算します。

 

72,126本 ÷ 365日 = 約198本

 

結局、井村屋の利益がAppleの利益に並ぶためには、日本人全員が毎日欠かさず198本のあずきバーを食べれば良いことになります。

 

無理ですよね!

 

決算書を学ぼう

 

いかがだったでしょうか。

結論としては、井村屋の売上高がAppleに並ぶ可能性はあっても、井村屋の利益がAppleに並ぶ可能性はかなり低い、ということがわかりました。

 

みなさんもいろんな企業の決算書を分析して、新しい発見をしてみてくださいね!

財務分析ができるかどうかで出世が決まる!

 

 

井村屋