読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

飛び込み営業やテレアポは迷惑だけの存在なのか

ビジネス

飛び込み営業

紙幣

 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

みなさんは飛び込み営業やテレアポをしたことがありますか?

 

一般にサラリーマンは固定給をもらっていますよね。

例えば月給が30万円と決められれば30万円です。

その月にたくさん仕事をしようが手を抜こうが30万円もらえます。

もちろん手を抜けば将来の出世などに響くでしょうが、それは評価の話であって、固定給の話とは別です。

例えばサラリーマンが今月は給料が30万円で来月は10万円で、その次の月が50万円で、その次の月が0円で、なんてことは無いわけです。

 

一方、サラリーマン以外の人は変動収入です。

例えばあなたがパン屋さんを開店したとしましょう。

1個100円のパンが今月は1万個売れたのならトータルの売上が100万円。

ここから各種経費を引いていきます。

つまり、どう考えても自分の給料を100万円以上にはできません。

もっと言えばパンが1000個しか売れなければ売上は10万円です。

であれば、給料を20万円にしたくても不可能なわけです。

入ってくるおカネが最大で10万円しか無いわけですから。

 

売上の中から給料が出る

 

本来、どんな企業でも毎月の売上は変動します。

毎月の売上が一定という企業なんてほとんどありません。

なのにそこで働くサラリーマンは毎月固定給をもらえます。つまり安定しています。

売上は増えたり減ったりするのに、その中からもらう給料は固定。

ということはリスクが発生します。

そのリスクを誰が負っているかというと、それは企業なんですね。

つまり、本来はビジネスは不安定なものであるのに、そのリスクを企業が吸収してくれることによってサラリーマンは安定という恵まれた環境を手に入れているわけです。

 

ボクがこのブログでたびたび、サラリーマンはホントに恵まれた甘い環境にいると言っているのは、それも一因です。

他にもサラリーマンは実にたくさん優遇されているんですけどね。それはこのブログの検索欄に「サラリーマン」と入力して過去の記事を読んでみてください。

 

歩合給

 

さて、世の中には企業から雇われているのに固定給では無い人達がいます。

歩合給で働く人たちですね。

その人たちは大きな契約を取れば高い給料をもらえます。

企業も大きな売上があった時だけ高い給料を払えば良いわけです。

つまりリスクは働く人たちの側が負っているわけですね。

当然、モチベーションは高くなります。

固定給なら、どうせもらえることがわかっているんだから、できるだけ少なく働こうと思うのが人情。つまりサボりですね。サボっても給料をもらえるんですから。

でも歩合給ならサボってしまうと契約が取れない可能性が高くなり、つまり収入が減ります。

なのでサボろうという気持ちになりにくいです。

これはサラリーマンと公務員以外の人たちの多くに当てはまります。

自営業、企業経営者、歩合給労働者など。

そういう人たちは時間の大切さを知っているので、時間の使い方が上手いです。

 

www.b-chan.jp

 

ボクはかつて巨大銀行にいました。当然、高い固定給をもらえました。

そしてそんな甘い世界に見切りをつけ、歩合給の世界に移りました。契約を取れなければ収入はゼロですし、交通費などの経費も自己負担です。

つまり完全に経営の世界です。

100万円の売上を得ても150万円のコストが掛かれば赤字ですから。

 

その時にボクは1日に100件の飛び込み営業や1日に300件のテレアポ営業を仕掛けました。

来る日も来る日も飛び込みましたし電話を掛けました。

 

自分で稼ぐ

 

固定給という「ラクな」環境に身を置いている人から見れば、単なる迷惑な電話だと思うでしょう。

しかし、本来、ビジネスとは売上が立って初めてその中から給料を得られるのです。

サラリーマンはその難しい部分を自分でやらずに、企業にやってもらっているわけですね。

それを自ら経験するのが歩合給なんです。

ボクはそういう経験をしたので、営業の電話を掛けて来た人を単に迷惑だと思えないんですよね。

むしろ普通のサラリーマンより圧倒的に難しい仕事を、普通のサラリーマンより圧倒的に高いモチベーションで、普通のサラリーマンより圧倒的に高い技術で行っているので、尊敬するんです。

 

一生、サラリーマンを続けるということは、一生、自分でおカネを稼がないということです。仕事を与えてもらって給料を与えてもらうだけです。

そしてそれが実現できるのは、誰かが経営をしてくれているからなんですよね。

 

ラクして金儲け

 

新橋でサラリーマンが、ハゲタカファンドなどに向かって、

「汗水たらして働いてカネを稼げ!」

と言っているインタビューシーンがありますが、この世の中で一番ラクして金儲けしているのはサラリーマンなんですよ。

ウソだと思うなら、今すぐサラリーマンをやめて自分で事業をやればわかります。

ほとんどの人は今と同じ金額を稼ぐのはまず無理でしょう。

 

経営者のみなさん、自営業のみなさん、歩合給のみなさん、どうかがんばってください。がんばって経営に貢献し、固定給のラクな人たちを食わしてやってください。世の中の多くの人は自分でおカネを稼げない固定給の人ですから、その人たちが食いっぱぐれると経済が破綻するんです。

 

www.b-chan.jp