読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

声は良いのに話が下手な人

ビジネス

声 

 

ボクの同僚に声の良い男性がいます。

同僚と言っても彼はボクより10歳以上若いんですけどね。

 

ボクも今の会社へは転職で来たんですが、彼もまた転職組。

IT業界から不動産業界への転身です。

 

まあとにかく声が大きく、その点は好感が持てます。

 

しかし、それをマイナスに補って余りあるくらいトークが下手です。

ここで言う、トークが下手と言うのは、話し下手と言う意味ではありません。

話すこと自体は得意なんです。

よくしゃべります。

 

そうです。

よくしゃべるんです。しゃべりすぎるんです。

 

誰に対しても一律でよくしゃべるんです。

 

みなさん、知っておいてください。

ホントにトークが上手い人は、

 

10のことを5の言葉

 

で伝えるんです。簡潔に。シンプルに。

逆に、トークが下手な人は、

 

10のことを20の言葉

 

で伝えます。とにかく長い。くどい。

彼がまさにそれ。

しゃべりは達者なのに、長い。くどい。

 

折り返し

 

例えば、ボクのケータイに彼からの着信があったので、ボクが折り返し電話すると、

 

「折り返しのお電話ありがとうございます!」

 

で始めるんですよ。

あ、あの。

お客さんなら、それは必要かもしれないですが、ボクは彼の同僚ですよ。

同じ社内のしかも、いつも目の前にいる同じグループの人間に、それは不要です。

不要どころが、ジャマです。

聞く方は、そんなの期待してないし、それをいちいち言い終わるまで待たなければいけないんです。

長く話すと言うことは、相手を待たせると言うことであり、相手の貴重な時間を奪うことに他なりません。

有害です。

 

しかし彼はTPOを知らないんです。お客さんであろうが同僚であろうが、一律、

 

「折り返しのお電話ありがとうございます!」

 

と言えば丁寧だと思い込んでいる。

お客さんには丁寧に、同僚には手短に、そう言う使い分けをすることで、結果的に誰に対しても親切になれるわけです。

今日もありましたよ。

ボクが電話をしたら、

 

「はい、●●課の××です!」

 

だからさあ、同じ課のボクが電話をしているんだから、「●●課の」はいらんでしょ。

そう言う積み重ねがトークを冗長にしています。

長いんです。

相手はまたされるんです。

同じ内容の会話をするのに、倍の時間がかかるんです。

 

あと、うちの課には全体的に、自信の無いトークの人が多いです。

 

「返信の方は、弊社の方にお送りください。」

「そちらの方は、私の方で処理させていただきます。」

 

わかりますか?

そうです。

「方(ほう)」

が多いんです。

ほうほう、と、まるでフクロウです。

 

「返信は、弊社にお送りください。」

「そちらは、私が処理させていただきます。」

 

と言えば非常にすっきりと好印象でしょ?

 

ボクは転職組で、今まで数多くの会社を見て来ましたが、いまのうちの会社、全体的に勉強不足なんですよねえ。

類似の記事も読んで見てください。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp