読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

作業をするな。仕事をしろ。

リーダーの資質

 

昨日、リーダーに関する記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

結局、うちのチーム、おとなしいんですよ、ボク以外。

で、リーダーもおとなしい。食事のときも、みんな静か、ボク以外。

キャラクターなんですかね、リーダーに向いてるかどうかって。

 

で、先日、この記事が大ヒットしました。

 

www.b-chan.jp

 

同じチームの話です。

おとなしくてITスキルの弱いメンバーに、ホントいろいろ教える日々です。

リーダーを相手に指示しまくってます。だって、そうしないとチームが動かないんですもん。

 

ところで、研修旅行の宴会での出し物の話をしました。

 

www.b-chan.jp

 

ダンスも

 

実は、これだけではなく、ダンスも練習しなくちゃならないんです。

そのための動画の編集と、その曲のカラオケをCDに焼かなくちゃいけない。

ですが、上記に載せたように、メンバーにはITスキルはゼロに近いわけです。

なので、動画編集やシンセサイザー、CD制作もボクの仕事になっています。

役割分担というよりも、ボク以外誰もできないので、選択肢が無い状態です。

 

リーダーでは無いボクがチームのコントロールをし、それに必要な買い出しもボクがし(だって他のメンバーだと間違って買ってくるんだもん)、そして制作もボク。

他の人は、ほぼ、「手伝い」状態。リーダーもです。

 

完全に理想とは真逆の状態。

 

これ、仮にボクがマネージャーだと仮定すれば、マネジメントに失敗してます。

ボクがリーダー兼マネージャーになってしまっていて、かつ、各種重要スキルもボクしか持っていないので、他の誰もできない。

必然的にチームの雰囲気はボクに主導権が移ってきます。

それをボクは必死で食い止めているわけです。

別にボクがやりたくないという意味では無く、本来の形に戻したいだけなんです。

つまり、ホントのリーダーがチームを率いて、メンバー全員が自主的に参加する形です。

 

大局観

 

昨日もリーダーがとある部材をハサミで切っていました。ボクの指示でした。

そのとき、3分割してはいけないモノを3分割に切ってしまったんです。

それは、考えてみれば3分割してはいけないことは明白なんですが、彼はただ単に目の前のモノをそのまま切ってしまったんですね。

つまり、何のためにそれをやっているかという考え無しに、単なる作業をしたわけです。

他のメンバーも似たところはあるんですが、彼はリーダーです。

リーダーなのに、自分がやっていることの全体像が見えていない。大問題です。

ボクは言いました。

 

「作業をするな。仕事をしろ。」

 

まさに、ドラッカーの有名な三人の石工の話ですよ。

 

blog.livedoor.jp

 

いまボクは、そんな環境で戦っています。

レベルは低いですが、ポジティブに考えれば、伸びしろがあるとも言えます。

マネージャーという役割を与えられたわけではないですが、そうなったつもりでやっています。

 

これを読んでいるみなさん。

仕事は、目の前の作業が目的ではありません。

それは、もっと大きな目的のための手段です。

それを思いながら仕事をこなしてみてくださいね。

そうすれば、ワンランク上の充実がやって来ますから。