非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

カメラとスマートフォンの両方で使え自撮り棒にもなる軽量激安三脚

スマートフォンでキレイに写真を撮る

 

 

ブログを運営していると画像を掲載することが多く、写真を撮るんですが、自分で撮影すると、片手が使えないんですよね。

また、動画撮影の場合は、ブレないように安定させたいと感じます。

撮影はたいていiPhoneで行います。

そこで、昔、超小型の三脚を買ったんですが、あまりにも貧弱でまともに使えませんでした。

今回、

超小型にはこだわらず、小型軽量低価格かつスマートフォンと普通のカメラの両方に対応した扱いやすい三脚を入手したので報告します。 

 

 

セット内容

 

 

三脚と、収納ケースと、スマートフォンようのクリップのセットです。

セット

 

 

ボクの手元にある一眼カメラ(α5100)を装着した様子がこれ。一番小さい状態です。

カメラ装着

 

 

そして、こちらが、一番伸ばした状態です。34cmから100cmまで伸びます。

カメラを立てる

 

 

では次に、スマートフォンを装着してみましょう。スマートフォンの場合は、こちらを使います。

スマートフォンセット

 

 

スマートフォン用のクリップ。これがバネで開くのでスマートフォンを挟み込みます。カメラと同様、ネジ穴があるので、三脚にしっかり固定できます。

クリップ

 

 

実際に、iPhone Xを挟んだ様子がこれ。ボクはiPhone Xをケースに入れていますが、それでもOK。たぶん、一部の巨大なスマートフォンを除いて、たいていのスマートフォンは入ると思います。挟む場所を気を付けないと、サイドのボタン類を押してしまいますね。

スマートフォンにクリップを取り付けた状態

 

 

iPhone Xを三脚に装着した様子です。これは、iPhoneを横向きにした状態。

スマートフォン装着

 

 

そして、これがiPhoneを縦にした状態。

スマートフォンを立てる

 

 

iPhoneでモノの写真を撮っている様子です。

スマートフォンで物撮り

 

 

三脚の脚の長さの調整は非常にラクです。昔の三脚のようなネジ式ではありません。レバー式です。

脚固定

 

 

このようにレバーをパチンとオープンにすれば脚の長さを変えられます。長さを決めたらレバーを閉じれば固定されます。

脚解放

 

 

非常に小型で軽量。カタログ値で420グラム。オマケで、レンズを拭く布も付いています。

自撮り

 

 

軽いので、スマートフォンのタイマー撮影機能を使えば、自撮り棒にもなります。

 

価格がめちゃくちゃ安く、カメラもスマートフォンも装着可能。小型、軽量。伸縮が非常にラク。

価格のわりに、安物感がありません。

とりえあず1個、持っておけば、何かと役立ちますよ。