非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

1巻完結漫画半額セール

長編漫画

 

 

長編漫画として思い浮かぶ漫画がいくつもあります。

 

すでに完結した漫画であれば、全巻をまとめて大人買い。

例えば、蒼天航路。

 

 

もちろんボクは電子書籍で読むので、全36巻がボクのiPhoneやiPadに入っています。

中学生のときに吉川英治の三国志を読破してから、とにかく三国志の面白さにハマり、数十年。

まあとにかく色んな小説版や漫画版の三国志を読んできました。

映画もいくつも見ました。

関羽や趙雲や諸葛亮のカッコ良さに惚れながら、毎回思うんですよ。

さらに別の三国志作品を読みたい、と。

ただし、ほとんどが三国志演義と呼ばれる創作文学がベース。

三国志演義では蜀(劉備、関羽、張飛、諸葛亮、趙雲など)が主人公で、魏(曹操、夏侯惇、郭嘉、司馬懿など)が敵役なんですよね。

そんな中で蒼天航路では曹操が主人公。

一度、読み始めると、最終巻まで止まらなくなるほど面白いです。

三国志の漫画と言えば、昔の横山光輝版が有名ですが、表現が古いので、この蒼天航路から入るのをオススメしておきましょう。

ただし、吉川英治の作品がすでに著作権が切れているので、できれば、吉川英治三国志を読んでください。

長いですが、あまりにも面白くてノンストップで最後まで読んでしまうはずです。

 

www.b-chan.jp

 

他にも、北斗の拳、ドラゴンボールや聖闘士星矢、魁!!男塾は連載が完結してからずっと後になってから大人買いして読みました。

一気読みですよ。

 

一方、長編漫画で困るのが、まだ完結していない作品。

例えば、ワンピースや、ジョジョ、パタリロ、HUNTER×HUNTERなど。

いずれもボクは、ごく一部しか読んだことがありません。

完結していないので、途中で止まるからです。

続きを読むには以前の話を思い出す必要があるので、面倒なんですよね。

 

しかし、いま、やっかいなことに、未完結なのに読んでしまっている作品があります。

それが、キングダム。

 

 

三国志は、漢の時代の話ですが、その前が秦。その秦が中国大陸を統一する話ですが、何せ長いです。

今月、第49巻が出ました。

もちろん買いました。つまりボクのiPhoneにはすでに49冊のキングダムが入っています。

 

なぜ、こんなことになったか。

答えはカンタンで、あまりにも面白かったからです。

 

時系列をもう少し詳しく書くと、

 

春秋戦国時代(7国)

秦が統一

項羽と劉邦が戦って劉邦が勝って漢を建国

漢の腐敗により三国の台頭

 

てな、感じ。

 

三国志が恐ろしく面白くて、その前の項羽と劉邦もボクはもちろん読みました。

 

 

司馬遼太郎の小説です。これまた、めちゃくちゃ面白い。

 

漫画版も読みました。史記シリーズの中のひとつです。ボクはこの史記シリーズは項羽と劉邦以外も全部読みました。

今、Kindle版の上巻が無料なので、スマホやタブレットを持っている人は試しに読んでみてください。

 

 

三国志を読んで項羽と劉邦を読んでキングダムを読むと、時代の流れは完全に逆なんですけどね。

 

 

1巻完結

 

 

話が逸れました。

長い漫画は完結してから読みたい。

すると、完結するまで、何年も待つ必要がある。

なので、逆に、短い漫画も良く読むんです。

そんなタイミングで、Kindleで、1巻完結漫画が半額セールをしています。

 

 

【50%OFF】1巻完結マンガ厳選35作品ぜ~んぶフェア 第1弾(3/8まで)

 

 

ボクもいくつか買いました。

これがまた、読みやすい。

 

実はボクは星新一のショートショート作品をほとんど読破したんですよ。

なぜなら短くて読みやすいから。

1本を3分くらいで読める作品もたくさんあるので、寝る前に1本だけ読もう、なんてことができるんですよね。

1冊に30本くらいの話が収録されているモノもあります。すごく無いですか?

 

 

忘れもしない、ボクが高校生のとき、友達から紹介されたのが、この妖精配給会社。

あまりにも面白くて、その後、人生で、何十冊もの星新一の本を買いました。

1000本以上ものショートショートを遺した星新一。

その本数分のオチがあるわけです。

長編とか短編とか、そんなことで面白さは決まらないんですよね。

 

寒くて外出がおっくうな人。

1巻完結漫画をいくつか買って読んでみましょう。

 

最後に。

今回のセールとは関係無いですが、小田桐圭介さんの漫画も読んでみてください。

Kindle版しか無いですが、安いですし、短編集なので、これまた読みやすいです。

そして、小田桐圭介さんの才能に驚くと思います。

 

 

小田桐圭介のその他の作品