非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ダイエット第2フェーズ(皮下脂肪を落とす)

10kgの減量

 

 

ボクは、年齢的には人生の真ん中なので、さすがに若い人よりは身体にガタが来ています。

特に、頭痛と高脂血症。

頭が痛ければ思考力が奪われ、何もできなくなります。

高脂血症は、要するに肥満ってことです。

 

ボクが社会人1年生のときは、

  • 身長179cm
  • 体重62kg

でした。

それが今年の5月末には、

  • 身長179cm
  • 体重80kg

要は、身長はそのままで体重が18kgも増えたわけです。

一時期は体重が82kgに達したので、実に20kgの増加。

要は、10kgの米袋を2袋、毎日、持ち歩いているのと同じことなので、疲労がハンパ無い。

健康面では決して望ましくありません。

 

そんなボクも、5年前に強烈なダイエットに成功しました。

 

www.b-chan.jp

 

 

このときは、100%野菜ジュースと豆乳に頼ったダイエットでした。

結局、ダイエットに成功してしまうと、モチベーションが無くなって、またリバウンドしてしまう。

それが今年の5月末までのボクでした。

実際、ピザなんかも、何度も食べましたから。

 

そこから心機一転。

ファスティングダイエットを始めました。

ダイエットグラフ

 

 

5月末に約80kgだった体重が、今日、7月1日時点で、69.2kg。

約1ヶ月で10kgの減量です。

徹底的なカロリーコントロールと糖質制限。

基本的にはファスティングつまり断食です。

朝食に緑黄色野菜のサラダと魚と豆類を食べたら、それ以降はひたすら水分。

昼食も無しでお茶。

夕食もお茶か豆乳。

1日あたりの摂取カロリーは平均で1000kcal未満。

そして、できるだけ毎日、10km以上歩くか、5km以上のジョギング。

 

そりゃ、やせますよ。

 

 

皮下脂肪

 

 

5月までは、お腹が出ていて、スーツのスラックスやらボトムス類をはくのが大変でしたが、今は逆に、お腹が凹んで、ダブダブ状態。ベルトで何とかしています。

 

しかし、やせ方が、引き締まったと言うより、やつれた感じ。

当然です。

 

食事制限によって減っていくのは内臓脂肪から。

そして、人間の身体は中心部から遠い方の脂肪から落ちていきます。

つまり、手足の脂肪は先に落ちます。

そして、お腹の脂肪が最後まで残ります。

それがお腹の皮下脂肪。

皮下脂肪は食事制限ではなかなか落ちません。

理由はカンタン。

以前から書いているように、筋肉は代謝が大きいので、運動して筋肉を増やせば、やせやすい身体になります。

ところが、食事制限をすると、身体は飢餓に備えるようになります。

生存のために、うまくできているんですね。

代謝の大きな筋肉を減らそうと言う機能が働くんです。

日常的に、ウォーキングやジョギングをするので、脚の筋肉だけは付きますが、それ以外の運動をしていないので、脚以外の筋肉がどんどん落ちます。

すると代謝も小さくなり、皮下脂肪が消費されにくくなるんですね。

 

内臓脂肪が減ったおかげで、お腹の出っ張りはほとんど無くなりました。

しかし、皮膚を指でつまむとブヨブヨ。

皮下脂肪が残っているからです。

 

断食をすればするほど、皮下脂肪は落ちにくくなる。

では、どうすれば良いか。

答えは、ジョギング以外の運動をすることです。

つまり、お腹周りなど、上半身の運動ですね。

この1ヶ月でファスティングとウォーキングで内臓脂肪が消え、やつれたような体型になりました。

手や上半身が細く、脚は筋肉質、そしてお腹の皮膚はブヨブヨ。

なので、やるべきは、上半身の筋トレです。

 

一応、80kgあった体重が70kgを切るまでに減ったので、第1フェーズは終了。

ここからは第2フェーズです。

食事制限を続けながら、お腹や上半身の筋トレ。

それと従来通りのウォーキング、ジョギング。

 

これで、目標の65kgを目指します。

 

参考になったでしょうか。

 

ちなみに、食べ物として、オススメなのは、

  • 枝豆
  • ししゃも
  • サバ
  • シーチキン
  • 豆腐
  • 納豆
  • 緑黄色野菜
  • 麦茶、爽健美茶、十六茶(カフェインが無いから)

 

ご飯もパンも不要です。ご飯やパンを食べなくても、体内の脂肪が消化してくれるから十分です。

魚類はなるべく小さめの魚が良いですね。頭から尻尾まで食べられるので。

緑黄色野菜でビタミン類、麦茶でミネラル。

豆類でたんぱく質。

 

このアプリを使っています。 

Vitalbook Pro - ヘルスケア & フィットネス

Vitalbook Pro - ヘルスケア & フィットネス

  • Naoya Araki
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360

 

 

このアプリ1本で、歩行量や消費カロリー、食事の記録、睡眠時間、飲んだ水分の量、体重、心拍数、運動の回数などが記録できます。

まずは最初の1ヶ月だけ。

これをファスティング期間にしてみてください。

日々、記録を付けていくことでモチベーションになります。

それと以前にも書いたように、食べ物を買うときは必ずパッケージの裏を見て、カロリーや糖質量を確認すること。

 

別にダイエットは一生続けるわけではありません。

とりあえずファスティングを1ヶ月続ければ、間食を必要としない体質ができあがります。

人間は1日に3食を食べなければならないルールなんて無いのです。

そんなわけで、ボクのように朝食がメインで、昼食は無し、夕食はせいぜい豆類。

基礎代謝と運動代謝の合計値が摂取カロリーを上回れば、必ず体重は減るわけですから。

 

いったん軌道に乗れば、あとは、週に1回くらい、ぜいたくをすればいいんです。

毎日、コンビニで、チョコやシュークリームやアイスを買うよりも、週に1回だけ、百貨店で高級なデザートを買う。

その方が結果として安上がりですし、ダイエットへの悪影響も少ないです。しかも週に1回だけなので、とてもおいしい。

 

いかがですか。

やる気が湧いてきませんか。

ダイエットを気にしている人は、まずは、こんな考え方で1ヶ月間、やってみてください。

 

空腹で夜、眠れない?

ボクは不眠症でお医者さんに行き、睡眠薬を処方してもらっています。

なので、眠りの質も上がりました。

空腹よりも睡魔が勝ち、いつの間にか朝です。

 

そんな工夫もやる価値があるのでは?

 

※1ヶ月で10kgやせるのは常識外れなので、やる人は、1年2年かけてやりましょう。

あと、ファスティングをやるときは、必ず専門家の意見を取り入れることをオススメします。

ボクも単に食事を抜くのではなく、必要な栄養素を選んで食べていますので。