非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

レーシック対コンタクトレンズをコストと安全面で対決させてみる

レーシック手術への迷い 

瞳

 

 

レーシック手術を受けようかどうしようか、迷っている人って多い気がします。

ボクもそうです。

迷う理由は主に2つ。

 

  • 料金のこと
  • 安全性のこと

 

先に安全性の話をしてしまいます。

はっきり言えば、レーシックをしないから安全でレーシックをしたから危険と考えるのは統計的にはあまり意味が無いと考えます。

なぜなら、レーシックを受けた場合は、レーシックを受けたことによるリスクが発生するんですが、レーシックを受けない場合は、レーシックを受けない場合のリスクが発生するからです。

 

例えば、レーシックを受けない場合は、メガネやコンタクトレンズを使い続けることになると思うんです。

 

メガネの場合は、それほど危険は大きくないかもしれません。

何らかの拍子にレンズが割れた場合に目に破片が入ってしまう危険くらいでしょうか。

 

しかし、コンタクトレンズを使う人は、目に過大なダメージを与え続けたり、雑菌が繁殖するリスクがあり、場合によってはレーシックよりも危険が大きいとも考えられます。

少なくとも、コンタクトレンズは毎日のように目に触れるので、レーシックを受けた人よりもずっと目に対する負担は大きいでしょう。

 

もちろん、レーシックにもリスクはあります。

術後の症状と言うリスクです。

しかし統計的にはその比率は非常に低く、しかも年々、施術数の実績が積み重なって、その技術も向上していて、コンタクトレンズを使い続ける場合の病気リスクを考えると、比較しても、レーシックの方が危険だとも言い切れなくなってきています。

 

と言うわけで、安全性の比較は問題から外してしまいます。

 

コストはレーシックが有利

 

すると、もうひとつの問題点は、コストですね。

 

レーシックの料金を調べてみると、ピンからキリまであるんですが、一番有名なイントラレーシックはざっくり言うと両眼で25万円前後のようです。

 

ここで比較対象になるのがメガネとコンタクトレンズの維持費。

 

正直言って、メガネは最近、安くなっていて、数千円程度で作ることができます。

1つが5,000円として、年に1つ作っても10年間で5万円。

まあ、安いモノです。

 

曲者はコンタクトレンズですね。

 

一番ポピュラーな2週間交換タイプのレンズだと、3ヶ月分で両眼で5,000円程度ですね。

 

 

てことは、1年で2万円。10年で20万円。

あと、コンタクトレンズの場合は洗浄液が必要です。

 

 

だいたい年間で8,000円ですね。つまり10年間で8万円。

 

コンタクトレンズを10年間使うと、結局28万円のランニングコストになります。

そして、コンタクトレンズを使う人は、ほぼ間違いなくメガネも所有するでしょうから、ざっくり言うと、10年間で30万円程度はかかるんじゃないでしょうか。

 

レーシック手術を受けても、歳をとれば、また視力が落ちてくると言います。

その期間は個人差があると思うんですが、10年から15年くらいは持つと仮定しましょう。

 

すると、レーシック手術を受けた人は、25万円で10年間から15年間のクリアな視力を買うことができ、しかも、その間は、レンズの付け外しやケア、メガネの持ち歩きなどが一切不要になります。

朝、目覚めた瞬間から視界がクリアだと言うメリットもあります。

 

レーシック手術を受けないと、10年間で30万円支払いつつ、毎日のようにレンズのケアやメガネの管理が必要になります。当然、寝起きなどには視界は悪いです。

 

以上、安全性とコストの両面から比較すると、ボクはレーシックを受けた方が良い気持ちになっています。

実際に受けた人たちの感動のコメントもボクを後押しします。

 

レーシックだと25万円をまとめて支払う必要があるから負担が大変だと思われるかもしれませんが、意外と、分割払いを扱っている医院も多いんですよね。

 

例えば、ここに238,000円のレーシックのローンの支払い表があります。

 

ローンシュミレーション|レーシックの【新宿近視クリニック】

 

5年間つまり60回払いだと、初回が9,810円で、残りが毎月4,500円です。合計で275,310円。

金利がかかるので一括で払うよりは高いですが、それでもコンタクトレンズの30万円よりは安くて、しかも5年で終わります。

コンタクトレンズと洗浄液を毎月のように買うことを考えれば、レーシックの毎月4,500円の支払いは決して大きくは無いとは思うんですよね。

もちろん、分割回数は少ない方が金利負担は少なくて済むので、払える人はまとめて支払った方が良いんですが。

 

レーシック、受けてみる?

 

みなさん、いかがですか?

今までなんとなく、レーシックに対して漠然と怖いイメージと高額な費用イメージだけで躊躇してませんでしたか。

このように具体的にリスク分析とコスト分析をすると、意外とメリットが大きいことがわかると思います。

もちろん、緑内障など、すでに目に障害があって手術を受けられない人もいるでしょうし、ボク自身も医学関係者では無いので、何ら断定的には言えないんですが、ボク自身は、そろそろ受ける時期に来てるのかな〜なんて考えているところです。

 

やっぱり、あのうっとうしいメガネやコンタクトレンズのケア、旅行の際の持ち運びなどから解放されて、しかも、コスト的にも有利となれば、考えちゃいますよね。