非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

森友問題で与党がおかしい点と野党がおかしい点

森友学園、加計学園

 

 

森友学園の問題と加計学園の問題がずっと国会で議論されています。

森友学園の問題と加計学園の問題は別なので、今回はボクが、ずーっと疑問に思っている森友学園の問題について書きますよ。

 

すでにブログで何度も書いたので、わかっている人もいると思いますが、ボクは権力は常に監視され批判されるべき存在であると考えています。

なので、どこの政党も、どの政治家も支持するつもりはありません。

与党も野党も右も左も関係ありません。

良いことをした政治家は素直にほめ、悪いことをした政治家は素直に非難する。

それが権力に対する民主主義国家の日本の国民のあるべき姿だと思っています。

 

そんな中で、国会を見ていると、連日、与党と野党が争っています。

与党が一定以上の力を持つと、法律を変えるコトが可能になり、結果、国民が大きな影響を受けます。

歴史上、完璧な人間なんて一人も存在しません。

誰もが正しいこともすれば間違ったこともします。

ボクももちろんそうですし、これを読んでいるあなたもそうですし、政治家もそうです。

だから、権力を持った政治家が間違ったことをしてしまったときに、それを食い止める役割を負うのが野党です。

逆に言えば、権力者が国民のために良い行いをしたのなら、それは野党であっても後押しすべきなんですよね。

 

今の日本の国会、いや、昔からそうですが、野党は常に与党の間違い探し、揚げ足取り、追求、政権交代が目的化しています。

本来、それらは目的では無く手段であるべきです。

国民生活を良くするのが本来の目的であり、それを実現するための手段として、色んなことを行う。

国民のために政権交代が必要なら、それも手段のひとつでしょう。

 

そう言う意味で、今の野党は、ボクは信頼できません。

森友問題の追及のやり方も、与党の最高権力者である安倍総理が関わっていたことを前提に、政権交代を狙っています。

 

ボクは、そのやり方がおかしいと感じています。

 

 

森友問題を追及すべき人

 

 

誤解を恐れずに言えば、国民に最高の幸せをもたらすのであれば、総理大臣が暴走したって良い、くらいの思いをボクは持っています。

 

森友学園の問題は、国民の財産である土地を、森友学園に不当に安く払い下げたことです。

つまり、国民に損失を与えたわけですね。

国民の一人であるボクもあなたも損させられたわけで、だから、ボクはこの問題は重要だと思っています。

 

野党のやり方は、その原因が安倍総理にあると考えています。

だから、そのような追求をするんです。

 

でも、根本的に考えれば、その方法はおかしいです。

 

総理大臣と言うのは、国民を幸せにするための政治を行う最高権力者です。

森友問題では、国民が損失を被った。

と言うことは、国民のために森友問題の解決に先頭に立って当たるべきなのは、安倍総理なんですよ。

 

なのに、実際は、野党が政権交代を目指して、その問題に取り組んでいて、与党は森友問題を全力で解決しようとしていない。

安倍総理を先頭に、与党は、森友問題で国民が被った損害を、全力で取り戻しに行くべきですよね。

不当に安く払い下げられた土地をあらゆる手段を講じてどうやって取り戻すか。

その提案も無い。

その姿勢が見えない。

結果として可能かどうかはわかりませんが、国民の損失を取り戻す努力はすべきでしょ。

 

この問題に安倍総理が関わっていたかどうかが中心議題になってしまっていますが、そのことよりも、安倍総理が先頭に立って森友問題での国民の損失を取り戻そうとしないことが問題なのです。

もし安倍総理がクロなら問題外ですが、もし安倍総理がシロなら、国民のために、安倍総理自身が全力で森友問題を解決に動くべきです。そんなの当たり前ですよ。

 

要は、今の日本では、与党と野党、要するに国会議員たちが揃いも揃って茶番を繰り広げているわけです。

 

与党は、国民が損失を被った森友問題を全力で解明、解決、解消すべし。

そして、野党はそれを全力で後押しすべし。

 

どちらもできていない。

 

そんな与党と野党。

どこも支持なんてできるわけありませんよ。

ボクは日本人で日本が幸せな国であって欲しいと願っているひとりなので。