非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ジャンケンで確実に20連勝する方法

ジャンケン

 

 

ボクが子供の頃からずっと思っていたこと。

それが最近、とあるネット上のサイトに話題としてあがっていました。

 

ジャンケンに関することです。

いや、ジャンケンじゃなくてもいいんですが、ここではジャンケンにしておきます。

 

ジャンケンは勝つか負けるかを決めるゲーム。

あいこの場合はやり直すので、いつか必ず勝敗が決まります。

 

1対1で行う場合は、勝率は5割。

 

5割の確率で起こることと言えば、コインの表裏も同じです。

コインを投げて落ちたコインが表になる確率は5割。

 

では、コインが20回連続で表になる確率って、どうなるでしょうか。

 

それは、2分の1の20乗ですね。

細かすぎるのでいちいち計算しませんが。

まあ、一生に一度もお目にかかれないでしょう。

 

では、同じく勝率5割のはずのジャンケンで20連勝するには。

これはボクにはわかります。

それはトーナメント方式。

 

 

確率

 

 

トーナメントは高校野球などでおなじみ。

1回戦で、基本的にすべての参加者が1対1で争います。

勝者が残り敗者が消えるので、1回戦を終えると参加者は半分に減ります。

2回戦は、1回戦で勝ち残った参加者で行い、さらに半分に減ります。

3回戦、4回戦と半分に減らして行き、8人になったら準々決勝。

4人で準決勝。

そして最後の2人で決勝。

決勝で勝った人が優勝ですね。

 

ここポイント。

 

優勝した人は1回も負けていないのです。

と言うことは、1回戦、2回戦、3回戦、4回戦、5回戦、6回戦、7回戦、8回戦、9回戦、10回戦、11回戦、12回戦、13回戦、14回戦、15回戦、16回戦、17回戦、準々決勝、準決勝、決勝、とやれば、優勝者は20回連続で勝ったことになります。

これをジャンケンでやればいいんですね。

このトーナメントでは、100%確実にジャンケンで20連勝する人が生まれるわけです。

 

ちなみに、決勝で2人、準決勝で4人、準々決勝で8人なので、1回戦の参加者は、

 

1,048,576人

 

です。

これだけの人数で20回戦までのジャンケンのトーナメントを開けば、100%確実に、ジャンケンで20連勝する人が登場するわけです。

言い換えれば、ジャンケンで20連勝する確率は、約100万分の1ってことですね。

まあ、ジャンケンじゃなくてもいいんですが。

 

こう言うこと、考えてる人、います?