読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

傾斜が急な地域とカレーライスと女性ドライバーの話

つぶやき

因果関係か相関関係か

カレーライス

 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

以前から、因果関係と相関関係の違いについて、このブログでも書いてきました。

「因果」でブログの検索欄で検索してみてください。

今回、また面白いニュースがあるので、見てみましょう。

 

www.47news.jp

 

いかがですか?

自殺と傾斜。

これを因果関係と見るか相関関係と見るか。

 

カレーライス

 

例えば、次のような発表があるとします。

 

カレーライスの好きな人の多い地域ほど自殺率が高い事が判明!

 

このような事例だと変な感じですよね。

だって、自殺率の多い地域を調べたら、たまたまカレーライスが好きな人が多かっただけかもしれません。

つまり逆でもいいんですよ。

もし自殺率の多い地域を調べて、カレーライスの好きな人がたまたま少なければ、

 

カレーライスの好きな人の少ない地域ほど自殺率が高い事が判明!

 

と発表すれば良いわけです。

どっちでもOK。

 

つまり、こういう発表って、何でも成立しちゃうんですよ。

だってカレーライスの好きな人の割合なんて地域によって違うでしょ。

調べた結果、多いのなら、多いと発表すればよいし、少ないのなら、少ないと発表すれば良いんです。

そういうのは因果関係ではなく、たまたまそうだった、つまり相関関係なんですよ。

 

傾斜だってそう言えます。

傾斜がキツイから自殺率が高いとは言い切れないわけです。

自殺率の高い地域の傾斜を調べたら、たまたまキツかった。

その場合は上記のような発表になるわけです。

因果関係ではなく相関関係ですね。

 

もちろんさらなる調査を突き進めれば、因果関係であることがわかって来るかもしれません。

でも、上記の記事だけでは、その判断はできないわけです。

因果関係かもしれないし、相関関係かもしれない。

なのに記事を鵜呑みにして、

 

なるほど〜、坂の傾斜と自殺率には因果関係があるんだな。

 

と思ってしまったのならミスです。

 

他の要素

 

そもそも他の要素がまったく書かれていないじゃないですか。

例えばですよ。

もし坂の傾斜のキツイ地域の人にカレーライス好きが多いのなら、もしかしたらカレーライスの方に要因があるかもしれないわけでしょ。

これは以前にも書いたんですよね。もう3年も前ですが。

 

www.b-chan.jp

 

例えば、女性が交通事故を起こした時に、

 

だから女性ドライバーは!

 

などと言う人がいますが、それは性別という一面しか見ていないんですよね。

もし事故を起こしたドライバー全員を調べてみたら、全員が朝食に食パンを食べていた。

そうなると、実は性別は関係無くて、食パンが原因かも知れないわけです。

でも、そう書くと、そんなわけないだろ!と言いたくなるでしょ?

そうなんです。食パンという一面で見てはいけないんです。そして同様に、女性という一面でも見てはいけない、ということです。

食パンが原因なんておかしいと言うのなら、女性が原因というのもおかしいわけです。

でも世の中には、その論理矛盾に気づかず、性別を判断要因にしている人が多いんですよね。

みなさんは、そういう点に気づく人になってくださいね。