読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

28億年後の人類へ

人類の誕生

 

遠い遠い未来のことを思うんです、時々。

人類って、誕生してから、たぶん100万年くらいしかたってないんですよね。

いくつかの説はあるようですが。

 

で、地球は誕生してから46億年。

つまり、地球から見れば人類の歴史は4600分の1。

地球が生まれてから長い長い間、人類なんてモノは存在しなくて、ごくごく最近になって登場した人類が、一瞬にして地球を支配するようになったわけです。

80歳の人間から見たら、人生の最後の6日間にいきなり現れるような感じです。

 

一方で、人間は人間として、長い長い歴史を作っています。

地球から見れば一瞬でも、人間にとっては長い歴史です。

たったひとりの人間の寿命、それが80歳だとして、80年間はとても長い。

その人生には様々なことが起こります。

すべてを覚えている人はいないでしょう。

それが何世代も続いて、文明を継承しています。

ほんの数百年前の人間は、空を飛ぶことなんて想像もしてませんでしたが、今の人間は空を飛んで旅行するのは当たり前のことです。

 

様々なことを学び、様々な発見をし、様々な発明をし、それを記録し、次の世代へ受け継いでどんどん進化します。

 

いま、人間の手のひらにあるスマートフォンは、初期の大規模なコンピュータよりも高性能です。

 

今の文明は、今、発明されたのではなく、過去からの積み重ねです。

そして、将来に延々と受け継がれていくわけです。

 

80歳の人間から見て、最後の6日間に登場した人類ですが、現代文明だけをみれば、ほんの数分です。

80歳の人間の最後の数分に超絶的な進化を遂げたのが人類です。

 

人類の寿命

 

しかし実際には地球の寿命は、あと28億年と言われています。

つまり、80歳の人間が128歳まで生きるイメージですよね。

ここ数分間で超絶的な進化を遂げた人類ですが、実は、進化のための舞台は、あと48年も残されています。

とんでもない時間だと思いませんか?

数分で超進化した人類が48年もたったらどうなるのか?

 

想像もつかないですよね。

 

しかし、ボクが思うのはその先。

つまり地球の寿命です。

 

長い長い歴史で、様々な発明発見、様々な喜び悲しみ、様々な愛情、様々な戦争と平和、様々な教育、それらを積み上げてきて、最後の最後に、地球の寿命。

計り知れないほどの巨大な財産と記憶がすべて消滅。

 

ボクたちは何のために生きているんでしょう?

 

それとも人類の超絶的な進化は、やがて地球外で生活できる文明にまで進化するんでしょうか?

あるいは、地球の寿命そのものを半永久的に伸ばす技術を身につけるんでしょうか?

いずれにせよ、そのタイムリミットはあと28億年。

 

人類が生き残るための技術を身につける進化のスピードが勝つか、それとも地球の寿命の到来が先か。

誰にもわかりません。

 

戦争で人類が滅亡しない限り、いつかは必ずその時期が来ます。

ボクたちの遠い遠い子孫が28億年後の地球に生まれます。

彼らは生まれた瞬間から、自分たちの大地の寿命を目の当たりにするわけです。

そのときに、彼らは何を思うのか。

今の人類と同じように人を愛することができるのか。

何かを残そうとするのか。

それとも刹那の生涯を過ごすのか。

 

28億年前に、こうやって心配していた人間がいたことに、28億年後の誰かが思いを馳せてくれたらいいな。