読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

キミに会いたい

つぶやき

忙しいキミ。

忙しいボク。
 
こう書くと、キミとボクは特別な関係であるかのようだね。
でも、実際は違う。
 
いや、違うと書くと、それも違うかな。
仲の良い友達。
出会って数年。
ホントに仲が良いんだよね。
仲が良いから、あちこちに遊びに行った。
でも、考えてみたら、二人だけで遊んだことってあまり無いね。
いつも他の友達と一緒。
そう。
キミはボクにとって、仲の良い友達の一人。
そしてボクはキミにとって、仲の良い友達の一人。
 
だからね。
 
だから、切ないんだ。
こんなにも仲が良いのに。
いや、こんなにも仲が良いから、キミは気づかないんだね。
ボクにとってキミが特別であることを。
 
仲が良いって切ないね。
 
もしキミがボクの気持ちに気づいたら。
もしキミがボクの想いを知ったら。
その反動はとても大きいかも知れない。
 
仲が良くなければ、失うモノも小さいのに。
 
仲が良いって切ないね。
 
近頃の二人は忙しい。
忙しいから、なかなかうまく会えない。
会えないから、ますます切ない。
キミは切なさを感じているだろうか。
それとも忙しくてボクのことは気にも留めていないだろうか。
 
キミに会いたい。
 
キミに会いたい。
 
そして、やっとキミがやって来た。
 
「忙しくてなかなか会えなくてごめんね。やっと会えたね。」
 
キミのそのセリフでボクは飛び上がるほど喜んだ。
キミもボクに会いたがっていたんだね。
キミにとってボクは特別な存在だったんだね。
 
いままでの苦しくて切ない日々。
それももう終わり。
 
今日からキミと手をつないで歩こう。
キミを笑顔にするために生きていこう。
 
今までの切なさよ、ありがとう。
切なさが強かった分、喜びも大きいよ。
 
そばでキミが笑っているよ。
キミから見て、幸せなボクはどんな表情をしているだろう。
 
 
 
 
 
……ピ、ピ、ピ、ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ
 
ここで目が覚めた……