非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

この世で一番価値が高いモノ

 命

 

 

一番価値が高いモノはもちろん命です。

しかし、命と言ってしまうと、説得力が低くなるので、ボクは言い換えます。

この世で一番価値が高いのは時間です。

 

命はそのまま時間と言い換える事ができます。

80年間生きると言うことは80年間と言う時間を過ごすことですからね。

 

とかく議論になりがちな、おカネ儲けの話。

確かに世の中にはおカネ儲けをがんばる人が多いです。

しかし、その理由に明確に答えられる人はそんなに多くはありません。

 

なぜ人はおカネを稼ぐのか。

 

それは時間が最も価値が高いからです。

 

人生と言う名の時間の長さは有限です。

だから、おカネを稼ぐ必要があるのです。

なぜなら、おカネで時間を買うことができるからです。

 

例えば、住宅ローン。

3000万円を35年間も借り入れると、金利だけで1000万円以上支払うことになる人が大半です。

住宅ローンなんて組まなければ、金利の1000万円を支払う必要なんて無いのです。

なのに多くの人が巨額の金利を払ってでもローンを組む。

それは時間に価値があるからです。

もし、住宅ローンが存在しなければ、毎月、コツコツと貯金して3000万円が貯まるのを待ちます。

そうやって、65歳になって、やっと3000万円が貯まって、念願のマイホームを買って、めでたしめでたし、とならないですよね。

人間の命の長さが有限である以上、65歳になってから家を買うのは遅すぎるんです。

だから、35年と言う時間を金利を払って買うわけですね。

35年と言う時間は、金利を払ってでも手に入れたいくらい大切なんです。

 

そう考えると、ローンとは、金利という対価を支払って時間と言う商品を購入する売買です。

 

 

売買

 

 

実は、世の中のすべての売買は時間を買うために存在します。

例えば、魚屋さんに魚を買いに行って、対価としておカネを支払います。

おカネを支払わずに魚を手に入れるためには、自分で海や川に行って魚を捕ればいいんです。

しかし、魚を必要とする旅に海や川に行くのは時間がかかりすぎますよね。

その時間を短縮するために、海や川に行く代わりに魚を買いに行くわけです。

医者に行くのもそう。

病気を治すためには医者に行って対価を支払います。

もし、おカネを払いたくなければ、自分で医学を勉強すればいいんです。

でも、大半の人にとって、いちいち医学を勉強するのは時間のムダです。

つまり、時間を短縮するためにおカネを支払って医者に行くわけです。

 

こんな風に、世の中のすべてのビジネスは、時間を短縮するために存在するのです。

時間をおカネで買うのがビジネスです。

 

時間がこの世で一番価値が高いので、時間を使うことよりも、おカネを使う方を選ぶわけです。

 

もし、命が無限なら売買は成立しませんよね。

命が無限の長さなら、時間の価値は限りなくゼロになるので、わざわざおカネを出してモノを買う必要性は無くなります。

なにせ時間が無限にあるので、自分で魚を捕りに行けばいいし、医学も勉強すればいいんです。

住宅ローンも必要ありません。

 

そう考えると、世の中のシステムは崩壊すると思いませんか?

もし、不老不死が実現して、世の中の人がみんな不老不死になれば、すべてのビジネスモデルは成り立たなくなります。

わざわざ対価を支払って購入する必要性が無いんですから。

住宅ローンなんて組まなくても貯金ができてから家を買えばいいんです。

もっとも、家の売買と言うビジネスモデルも崩壊するので、結局、自分で家を建てることになるんですが。

 

世の中の経済活動は、人の命の長さが有限である、つまり、この世で一番価値が高いモノが時間だからこそ、成立しているんですよ、と言うお話でした。

 

 

日々、何もせずにボーッとして過ごす時間が多い人って、命をどんどん捨てているわけです。

ボクにはとてもそんなマネはできません。