非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

損して得を取る

ネットでトラブル

 

 

この世界には完璧な人は存在しません。

完璧な善人。

完璧な悪人。

みんな、何かしら、長所、短所を持ち、他人とうまくやったり、トラブルを起こしながら生きています。

 

ボクは、ヤフオク!をこれまでに数百回程度、利用し、こんな評価です。

このページって、一般の人も見ることができるんですかね?

 

ヤフオク!

 

 

ボクの評価は301件。

うち、落札者としては5件。

残りの296件は出品者として。

つまり、ボクはヤフオク!をほぼ、モノを売るために使っています。

言わば、店でモノを売るのと同じ、商売人の立場です。

 

そして、全ての評価が、

 

非常に良い・良い

 

です。

それより低い評価は1件もありません。

では、トラブルは無かったのでしょうか。

 

 

トラブルの有無よりも大切なこと

 

 

いや、トラブルは何度かありました。

例えば、シンセサイザーを出品したら、落札者から、特定のボタンだけ効かないと言われたことがあります。

そのとき、ボクは、どう対応したか。

 

「今すぐ返品を受け付けます。落札代金全額と送料と手数料もお返しします。」

 

とすぐに言いました。

幸いにも相手は、そのシンセを気に入っていて、結果としては、そのまま使うと言うことになりました。

 

また、とある本を出品したとき、10円で落札されました。

10円なら、手間を考えると、儲けにはなりません。ボランティアに近いです。

ボクは本を封筒に入れて送りました。

すると、

 

「雨が降っていたので本が濡れた。」

 

との連絡。

ボクはまた、

 

「今すぐ返品を受け付けます。落札代金全額と送料と手数料もお返しします。」

 

とすぐに返答しました。

相手の人は、

 

「本を送るときは、ビニールやラップで包むなどが常識でしょ。」

 

と言ったので、ボクは、

 

「そうでしたか。無知で申し訳ありません。今後、そのように工夫します。」

 

と答え、結果的に返品はありませんでした。

そして、良い評価をもらったのです。

 

つまり、モノを売る以上、不具合や不手際は必ず起こることを前提に、起こったときにどう対応するかが大事なんです。

相手のせいにしてしまう、自分は悪くない、とするとトラブルは悪化します。

 

ボクのようにすぐさま全額返金に応じていると、こちらは手間だけかかって損なんですが、それは目先の話。

目先の1件1件を丁重に扱うことを繰り返してきたおかげで、301件の高評価が蓄積されました。

おかげで、今はボクの出品時は、当然ですが、入札者も安心して入札しやすい、ボクにとっても、売りやすい状況ができたのです。

別にヤフオク!に限りません。

 

常に相手に譲る気持ち、目先のささいな損は捨てる。

 

そうやって生きていれば、いつしか自分に返ってきます。

 

 

毎日のように、

 

カッとして人を刺した、

 

と言ったニュースが流れてきますが、カッとして人を刺せば、刑務所に行くのは指した本人であり、刺した方も刺された方も何の得もしません。

 

もちろん、損得が全てではありませんが、そんなことを考えながら生きていれば、つまらないトラブルに巻き込まれずに済みます。