非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

持ち家

扇動

 

 

今でも日本人の多くには持ち家幻想があります。

一国一城の主。

マイスイートホーム。

高度経済成長期に、国家が国民を煽りました。

学校を出て、就職して、ほどほどの年齢で結婚して、自宅を購入する。

そのようなワンパターンで無個性な生き方こそが立派だと。

そして多くの大衆はそれに乗せられて生きました。

多くの人が数十年の住宅ローンを抱え、通勤地獄に耐えながら、30代40代と言う、人生で一番元気な時期を消化していきました。

 

ボクは銀行や生命保険、不動産ファンド、不動産管理などの業界を経験してきて、上記のようないわゆる国に煽られ型の生き方とは全然違う人生を歩んで来ました。

他人がサボったり寝てる間もずば抜けて勉強して難関大学に入り、巨大な銀行に就職しました。

で、そこから転職の嵐。

当たり前ですが、ひとつの世界と数多くの世界を経験する人とでは、経験値が全然違います。

井の中の蛙になると、悪い面に気付かなくなります。

今の職場でも生え抜きの人が何人かいますが、全然おかしさに気付いてないんですよね。

ボクが就職したとき、瞬時におかしさに気付いたので、それを伝えても、

 

会社批判だ!

 

のひとこと。

世の中的には違法でも会社の文句を言うな、と。 

ダメだこりゃ。

ボクが会社から距離を置いている理由です。

 

 

経験

 

 

引っ越しもそうなんですよね。

ボクはとにかく関西や関東を転々としています。

よく、関西人は東京人を冷たいと言い、東京人は関西人をセコいと言います。

あんなのは無知な人たちのイメージに過ぎません。あるいはマスコミからマインドコントロールされてるだけです。

真実を知る方法はひとつ。

実際にどちらにも住んでみればいい。

実際に住んだボクが言いますよ。

冷たいとかセコいとかは人それぞれの問題であって、土地の問題では無い。

そう言うことです。

 

政府やマスコミからマインドコントロールされて生き方や考え方を決めてしまう大衆。

自分の意思では無く他人の意思で自分の人生を決めているわけです。

 

銀行、保険、不動産ファンド、不動産管理などの経験を踏まえて言えば、何度考えても持ち家を買うことは割に合わないんですよね。

まあそれでも持ち家を持つことがステータス、みたいなトンチンカンな作られた幻想に従って生きるのも自由ですが。

 

先日、賃貸マンションに長年住んでいた男性が退去したので、その処理をしてきました。

高齢で長期入院するため、自宅が不要になったそうです。

でも、親族の方々は葬式の話をしていました。

持ち家であろうが賃貸であろうが、そんなモノにステータスなど無く、そうやって人生の最後を迎えるんだなあ。