非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

長期間、会社を休んだ場合の収入

傷病手当金

 

 

会社勤めのサラリーマンが、病気などで長期間、会社を休んでしまったら。

ボクも経験したんですが、傷病手当金と言う制度があります。

 

仕事が直接の原因による病気やケガなら労災保険で保障されます。

仕事以外の原因の場合は、傷病手当金です。

健康保険から支払われます。

 

ボクは群発頭痛を始め、頭の異常で仕事ができない状態になり、診断書が出たため、休職期間をもらい、傷病手当金を受け取りました。

 

 

意外と手取りは少なく感じる

 

 

傷病手当金の額は標準報酬月額の3分の2です(協会けんぽの場合)。

月給30万円なら20万円。

まあ、食べて行くには困りません。

 

と、思っていました。

もらえる期間も最長で1年6ヶ月ありますし。

 

ところが、毎月のように、会社から、社会保険料の請求書が来るのです。

 

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 住民税
  • 共済会費

 

健康保険から傷病手当金をもらうんですが、その中から、結局また健康保険料を納めるわけですね。

で、介護保険や厚生年金や住民税も免除されません。

通常はこれらは給料から天引きされるんですが、そもそも休職によって給料が無いため天引きできず、結局、自分で払うことになるわけです。

 

健康保険から傷病手当金を受け取り、その中から、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、住民税を会社に支払う。

そんな手続きです。

と言うわけで、上記の例で言えば、20万円の中からそれらが消えていくので、手残りはさらに少なくなります。

 

共済会は会社によってあったり無かったりするでしょう。

うちの会社にはあるので、数百円ですが、これも請求されました。

まあ、月、数百円ですが。

共済会ってのは従業員同士の助け合い制度ですね。

月に数百円ですが、ボクは今回の休職で、今までに払った共済会費以上の見舞金をもらいました。

ので、共済会費に関しては結果としてプラスです。

 

すでに復職しているので、これからも共済会費を払って行くため、結局、いずれは支払の方が上回るんでしょうけど。

 

結局、傷病手当金と言う収入保障制度があるのはあるんですが、やはり健康で働いて収入を得るよりは圧倒的に収入は減ります。

 

健康で働くことがベストですね。

と言ってもボクのように1万人に1人と言われる群発頭痛なんて、防ぎようも無いんですが。