読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

世界がもし100人のインターネットだったら

SEO,ブログ,ネット収入 つぶやき ビジネス

SEO対策 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

このブログでは、SEO対策について色々書いてきました。

 

検索流入が急拡大!ボクがブログで行ったSEO対策を公開! - 非天マザー by B-CHAN

 

基本的には素人でもできるSEOをテーマに書いたつもりです。

でも、ほとんどの人には専門的知識もありませんし、本業があるので、SEO対策に時間を割く余裕もありません。

だから、専門家であるSEO業者に依頼するんですね。

SEO業者のブログを読ませてもらうこともよくあるんですが、やはり専門家は違います。

サイトの設計の段階からSEOに最適化します。ファイル名やディレクトリ構造、ジャンルの選択など、素人ではとてもできない部分まで徹底的に対策します。

もちろん、基本的にはコンテンツの質が重要ですが、それと高品質なSEO対策の併用で、月のページビューが1000万を超えるような圧倒的なアクセス数を生むわけですね。

 

ところで、ボクは以前から、何となくモヤモヤしていることがあります。

それはSEO業者って利益相反にならないのかなってことです。

いや、利益相反と言ってしまうと言い過ぎですかね。

 

わかりやすく説明してみましょう。

 

100人だけのインターネット

 

昔、

 「世界がもし100人の村だったら」

という、すばらしい本がベストセラーになりました。

覚えている人も多いかも。

 

 

今回は、

 

世界がもし100人のインターネットだったら

 

と想像してください。

この世には100人しか存在しなくて、100人がみんなインターネットを使っています。

ここにはSEO業者が1社存在します。

そのSEO業者は大変優れていて、

「弊社にお任せいただければ、あなたのサイトは検索順位1位になります。」

と宣伝しています。

評判が評判を呼び、この世界の100人全員が、そのSEO業者と契約しました。

その結果。

100人全員が1位になりました。

 

……ん?

 

そんなわけ無いですよね。

誰かが1位になれば、他の人は必ず2位以下になります。

SEO業者が顧客であるAさんを1位にしたのなら、やはり顧客であるBさんは1位から転落します。

逆にBさんを1位にしたら、Aさんは1位から転落します。

どちらかの利益を追求したらどちらかの利益を損なう立場にある。

SEO対策をしたら、顧客の誰かが必ず1位になり、顧客の誰かが必ず100位になる。

このSEO業者は、その村において、まさに利益相反の状態にあるわけです。

しかも、全員がそろって1位にならない以上、1位にするという宣伝は誇大広告だとも言えます。

 

現実世界

 

ボクのモヤモヤ感を理解してもらえたでしょうか。

もちろん現実の世界は100人では無いですし、SEO業者もたくさんいます。

でも、同じSEO業者が、ある顧客の順位を上げると、相対的に他の顧客の順位を下げるという意味では、利益相反?

違うのかな?

これがSEO業者と他の広告宣伝業者との違いですかね。

一般的な広告業者は1位を狙ってるわけでもないですし、そもそも同率1位になっても良いわけです。

A社の商品とB社の商品を宣伝して、どちらも同じ売上になっても良いわけです。

しかし検索エンジンでは同率1位はありません。誰かが1位になれば、必ず他の人は2位以下です。

なので、同時にたくさんの顧客を抱えながら、それぞれの検索の順位を上げるというのは、なんとなく、

 

 

 

の2文字で表せる気がするんですが、いかがでしょうか。

誰かボクのモヤモヤを解消してください!

 

関連記事

Google AdSenseの各要素の性質と繋がりを理解しよう - 非天マザー by B-CHAN

ツイート、いいね!など好きなソーシャルボタンをサイトに簡単に設置する方法 - 非天マザー by B-CHAN

ウェブサイトのリンクの青色って各社で微妙に異なっているって知ってますか?一番クリックされやすい色とは? - 非天マザー by B-CHAN

alt属性とtitle属性のSEO的に間違った使い方 - 非天マザー by B-CHAN