非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

選挙に当選することと民意とのズレに気付いていますか

選挙と制度

 

 

総選挙が終わり、予想どおりの結果になりました。

 

ボクの政治に対するスタンスは、これらの記事を読んでくださいね。

 

www.b-chan.jp

 

 

過去に何度か書いたんですが、今回も書きます。

小選挙区制の選挙制度は、何とも複雑な気分にさせてくれるんです。

小選挙区制とは、ひとつの選挙区でひとりだけが当選する制度です。

次のような例を考えてみましょう。

ある学校のクラスで学級委員長を決める選挙が行われました。

クラスの生徒数は55人。つまり55票の投票があります。

AさんからJさんまで10人の候補者がいて、次のような得票数となりました。

 

Aさん……10票

Bさん……9票

Cさん……8票

Dさん……7票

Eさん……6票

Fさん……5票

Gさん……4票

Hさん……3票

Iさん……2票

Jさん……1票

 

総投票数は55票ですね。

そしてAさんが当選です。

 

 

民意

 

 

では、このクラスの「民意」はAさんを選ぶことでしょうか。

そうとは言えないんですよね。

Aさんを当選させたい人は10人。

Aさん以外を当選させたい人は45人。

つまり、クラスの大半はAさんに反対なんですね。

しかし、制度上はAさんが当選。

民意とは異なりますが、制度としてAさんが学級委員長になる。

これがまさに小選挙区の仕組みなんです。

 

ね、もやもやするでしょ。

 

これを読んでいる自民党の支持者は、

 

「B-CHANが自民党にいちゃもんを付けたいだけだろ!」

 

と言いたいかも知れません。

いやいや。

では、民主党が政権を獲ったときのことも思い出してみてください。

あのときも同じですよ。

 

ボクにとって、自民党とか民主党とかはどうでもいいのです。

選挙制度の話をしているんですから。

 

ちなみに、アメリカの大統領選挙も似てますよね。

 

www.b-chan.jp

 

 

得票数はヒラリーが上だったのに、大統領になったのはトランプ。

つまり、そう言う制度だったと言うことです。

民意とはズレますね。

 

 

多くの人は、勝った負けたの話に終始すると思いますが、大事なのは、その奥にある事実です。

 

数字に関するからくりの記事を他にも読んでみたい人は、こちらをどうぞ。

 

www.b-chan.jp