読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

今の世の中で事件・事故を起こすと昔と違ってこうなって取り返しが付かない

つぶやき Google

ネットという名の無期懲役刑 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

去年もたくさんの犯罪や犯罪に近い事件がありました。

 

例えば、店の店員さんを土下座させた事件なんて印象に残りますね。

ものすごく凶悪な犯罪というわけでは無いんですが、脅迫などの罪には該当するので、ネットでも話題になりました。

 

ボクは思うんですが、この、「ネットで話題」というのが曲者(くせもの)です。

 

犯罪もしくはそれに準ずるような事件って、昔からありました。

インターネットが無い時代にも事件はたくさんありました。

人々は事件をマスコミから知ります。

テレビ・ラジオのニュースか新聞ですね。

テレビやラジオは放送すれば、それっきり。消えていきます。

録画や録音すれば残ることは残るんですが、ニュースを録る人はあまりいません。

新聞もしばらくは保管されますが、古新聞としていずれ捨てられる運命です。

 

つまり、事件というのは人々の目や耳に届くんですが、時間が経つと忘れられてしまうんです。

犯人の名前も一時的には知られますが、だんだん人々の記憶から無くなっていくモノでした。

 

しかし、今は違いますよね。

 

インターネット言う革命。

 

世界中のあらゆる情報を検索エンジンが集めてしまいます。

そして、例外をのぞいて、ほとんどの情報は半永久的にネット上に残ります。

それは、検索エンジンに残るという意味ではありません。

ネット上にいったん上がった情報は、世界中の様々なSNSやブログなどのサイトで取り上げられます。

検索エンジンから仮に消え去ったとしても、事件を取り上げたサイトがある限り残り続け、SNSによって拡散し続けます。

もはや、一個人はおろか、検索エンジンのチカラを持ってしても、ネット上から、事件の情報は消えることはありません。

当然、事件の当事者の氏名もネット上に半永久的に残ります。

その事件の犯人が法で裁きを受け、決まった期間の刑罰を終えたとしても、ネット上からは氏名は消えないのです。

懲役10年の刑罰を受けた人物名が20年後にも調査可能なのです。

Googleは忘れる権利として、そういう名前を消す作業をしていると言われていますが、それは検索エンジンの話であって、このよのすべてのサイトの話ではありません。

つまり、今の世の中、何らかの事件を起こしてしまうと、将来に渡って氏名が「バレる」ということになります。

言い方を変えれば、何か事件を起こすと、取り返しが付かないとも言えます。

将来、就職活動などを行っても、自分の氏名を検索されてしまえば、過去の行いがバレるわけです。

法の刑期は終えても、ネットでさらされるという刑期は無期懲役のようなモノです。

 

ちょっとした出来心や半分冗談などで、悪さをしようかと考えている皆さん。

そういう時代なので、やってしまうと、取り返しが付きませんよ。

だからダメだというのもおかしいですが、行動する前に、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

 

関連記事

インターネットに何かを書き込んでしまう前にあらためて意識すべき3か条 - 非天マザー by B-CHAN