読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

離婚が多い理由。あなたにも当てはまりませんか?

 離婚の多さ

老夫婦

 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

離婚するカップル、多いですよね。

3組結婚する間に1組離婚するくらいのペースだと言われています。

ボクはいい歳で独身ですが、それにはそれなりの理由があります。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

この2本の記事で、だいたいボクのキャラクターはわかるかもしれないですね。

 

人間にとって一番大切なのは温かい心であり、それは思いやりであり愛でもあります。

世の中には人によって地域によって時代によって様々な価値観がありますが、温かい心が大切だというのは過去も未来も、そしてどこへ行っても変わらない普遍かつ不変の価値観です。

いや、価値観というより本質と言ってもいいでしょう。

 

世の中には数多くの婚活サービスが存在します。

結婚したい人たちがたくさん、そこへ群がります。

もちろんそれは自由ですから、行きたい人は行けばいいんです。

 

でも、その目的ってなんでしょう。

 

結婚自体は普遍でも不変でもありません。

あくまでも人間が後から勝手に決めた風習であって、もともと存在したものでは無いです。

その証拠に、結婚制度って、時代や地域によってコロコロ変化します。

一夫一婦制の国もあれば一夫多妻制の国もあります。

それはその時の政治家が決めるものです。

また今の日本ではなぜか男性は18歳、女性は16歳以上が結婚対象です。

昔は15歳でも結婚するような時代もありました。

とにかく結婚って、別に人間にとって正しいものではなくて、単に人為的に決めただけのことなんです。

あくまでも赤の他人が決めたことであって、それに乗っかるかどうかってことなんですよ。

自分の人生なんだから赤の他人が決めた生き方ではなくて、自分で決めればいいんですが、なぜか世の中では赤の他人が決めた結婚という制度を、まるで人間にとって当たり前であるかのように思ってる人がたくさんいるんですね。

例えば職業としてみんながバスの運転手になるからといって、あなたもバスの運転手になる必要はないわけですよね。

どの職業につくかは自分で決めればいいんです。

結婚もするかしないかは自由ですし、だからこそ法律でも当然、義務付けられていません。

 

条件

つがい

 

 

もう一度言いますが、大切なのは愛情です。

 

でも現代の婚活を見回してみると、愛情なんてどこへやら。

結婚相手を探すのに、愛情よりも先に来るモノがあります。

安定性、収入、家柄、職業、趣味、貯金、年齢など。

ほら、これらって、人間性とは関係の無い要素ばかりでしょ。

人間性の外側にあるものばかりです。

こういうのを結婚の「条件」にする人が非常に多い。

つまり、愛情ではなく、「欲望」優先なんですよ。

結婚相手は愛情の対象ではなく欲望の対象。

 

さっき、離婚が非常に多いと書きました。

離婚経験者にお尋ねしますよ。

あなたはホントに結婚相手を愛していましたか?

結婚相手が幸せになるのを見たくて苦しみましたか?

自分が犠牲になってでも相手が幸せになるのを望んでいましたか?

 

多くの人がノーと答えるんじゃないですか?

 

たぶん多くの人は、

  • そろそろ年齢的に結婚しようと思った
  • 相手の条件が悪くなかった

そんなところじゃないですか?

 

つまり、結婚という「目的」のために必要な「手段」なんですよ、結婚相手は。

はっきり言いますよ。

そんなので幸せになるはずが無いじゃないですか。

 

結婚と恋愛は違う!

 

と言う人もいるでしょう。もちろんそう思うのは自由ですし、それを止めはしません。

でも、たった一度の人生で、結婚という目的のために愛情も無い相手と過ごすために自分の人生の大半の時間を費やすんですか。

何のために?

結婚という赤の他人が決めたあいまいな制度を満たすために、愛の無い多くの時間を過ごして人生を終わらせる。

何のために?

 

何を求めてるんですか?

それが何よりも幸せなんでしょうか?

 

それよりも、赤の他人が決めた制度なんて無視して、自分が決めた生き方で、自分が大好きな人と人生を過ごすほうがずっと幸せなんじゃないですか?

 

あなたがもし美男もしくは美女なら、あなたはモテるでしょう。

でも、そのモテるというのは、相手の愛情によるものじゃないんですよ。

ボクは男であって、ゲイではないので、女性を好きになります。

なので同様の男の気持ちはある程度わかります。

美人の女性を見て、付き合いたいと言う男性、そういうのを一目惚れと言いますが、それは愛情ではなく欲望です。

わかりますか?

愛情と欲望の違いを。

愛情は、相手に愛を注ぐこと。だから相手が幸せになれば嬉しいし相手が不幸になれば心が痛む。その感情が愛情です。

でも欲望は自分のためです。美人と付き合って自分の欲望を満たしたいんです。

美人でモテたあなた。

ホントに相手はあなたを愛してくれていますか?あるいは愛してくれていましたか?

実は相手は単に自分の欲望を満たしたくてあなたと付き合っていただけじゃないですか?

あなたの顔や身体を好んだだけでは無いですか?

それは単なる欲望、性欲です。

性欲の対象として付き合ったあなた、悲しくないですか?

 

相手の心や普段の行いに対し、心がズキズキと痛む。

相手の心に感動する。

例え自分の手足を切り落とすことになっても相手の幸せを望む。

 

それが愛です。

 

自分に対してそう思ってくれる人と貴重な人生の時間をすごす。

 

例え世の中に結婚制度というものが存在しなくても、愛があればずっといっしょにいたいと思うものです。

つまり、先に人間がいて、その心に惹かれ、だからこそいっしょにいたい。結果としていっしょに生活するんですね。

言うなれば、結婚は結果にすぎないんです。

もちろん愛に満たされているので、心から幸せを感じることができます。

 

でも、今の婚活。

先に結婚という目的が用意されていて、そのための道具として、条件を満たす相手を探すわけですよね。

だからどの婚活サービスも、最初に多くの記入をさせられます。

とても失礼ですよね。

結婚という目的の道具として人間が選ばれているんですから。そんなのに愛情が持てるはずもなく、そんな人と長い間いっしょにいて幸せなはずが無いじゃないですか。

なのに、そんなものにたった一度の人生をつぎ込もうとする。

 

何のために?

 

ボクは別に結婚をしないことが正しいとは思ってません。

 

でも結婚は結果論です。

心が震えるような人と出会い、その人が幸せになることが嬉しくて仕方ない愛を持つことができれば、赤の他人が決めた結婚制度があろうが無かろうが、ボクはその人とずっといっしょにいることを願うでしょう。

それが、自分が決める結婚であり、普遍かつ不変の愛情に満ちた結婚でしょう。

 

人生の最後に

若いカップル

 

 

離婚を経験した人なら、そういうのって思い当たることはあるんじゃないですか?

制度に乗っかっても何の意味も無いです。

 

大切なのは心。

 

次のチャンスにはぜひ、ホントに心から命を捧げたい人、そして自分の内面を理解してくれる人と添い遂げてください。

決して欲望、性欲のために付き合うことはオススメしません。

 

もちろん、そういう表面的な関係が好きな人は別ですが。

 

思いやり、愛情にあふれた人と人生を添い遂げることができたなら、人生の最後を迎えるとき、素晴らしい人生に感動することができるでしょう。

 

もちろんこうやってボクが言ってることがハズレていることを願っています。

愛情で満たされている人ばかりだとボクだって嬉しいです。

でも条件を先に書かせてから探し始める多くの婚活サービスと多くの利用者を見ていると、現実はそうも行かないようです。

 

ボクは最初から条件で相手を選ぶ気持ちはゼロです。

なので今でも独身ですし、世の中の多くの人からズレていますが、そんなのはどうでも良いんです。

大切なのは赤の他人が決めた制度に乗ることではなく、自分の意志で、愛情を持って生きること。

 

普遍かつ不変の「愛情」によってホントに幸せになる人が一人でも増えることを願って書きました。