非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

2年で資産が10倍に

おカネが貯まらない人の特徴

 

 

おカネが貯まらない人の特徴って知ってますか?

 

  • 収入が少ない
  • 支出が多い

 

それはもちろん正解ではあるんですが、収入が少ない人でもコツコツと貯めて資産を築く人もいます。

 

実は、おカネが貯まらない人の最大の特徴は、

 

  • 収支の管理ができていない

 

ことです。

高年収の家庭でも、プライドが高くて、お付き合いをするために高いクルマを買ったり高い店に食事に行ったり高い腕時計を身に付けるようになると、全然おカネは貯まりません。

年収が1000万円でも支出が1000万円なら貯まるおカネはゼロですからね。

そんな当たり前のことが実践できずに高収入貧乏な人がたくさんいます。

詳しくはこれを読んでください。ボクも引き込まれるように読みましたよ。

 

 

 

 

www.b-chan.jp

 

 

投資

 

 

もうひとつ、おカネが貯まらない人の特徴として、投資から遠いと言うことがあります。

 

www.b-chan.jp

 

 

 

ボクのこの記事によれば、借金してまで投資をしない限り、どんなに損をしてもゼロよりは下にならないわけです。

一方、上を見れば青天井。

100万円を投資すれば、最悪でも損失額は100万円なのに対し、利益は200万円にも300万円にもなり得ます。

リスクを考えれば、オトクなんですよね、投資って。

 逆に言えば、投資に手を出さず、貯金だけにこだわっている人は、自ら「増やす」チャンスを捨てていることになります。

ピケティの「21世紀の資本」にあるように、統計的には、

 

r > g

 

この数式は、労働で得られる収益よりも資本が生み出す収益の方が大きいことを意味します。

つまり、労働者が働いても資本家には勝てず、格差が拡大することを意味します。

 

 

 

 

どの投資が有利かは何とも言えません。

ボクも複数の投資をしていますし。

もちろん株式投資もしています。

 

株式投資の最大のハードルは、ある程度まとまった資金が必要なこと。

株を買うには最低限の単元があります。

例えば、株価が1800円でも、単元が100株なら、その企業の株を買うには18万円必要です。

それを打ち破ったのが、One Tap Buyと言うスマホアプリ。

 

 

 

 

ボクもすぐに始めました。

30銘柄すべてが米国株で、1万円単位で買えます。

AppleもAmazonもFacebookもMicrosoftも買えます。

どれも1万円単位で気軽に買えるので、ちょっとおカネが余ったら、すぐに買います。

ボクもコツコツ買い続けて、いつの間にかたくさんの米国株を保有しています。

 

そして今日、同じアプリの日本版が登場しました。

 

 

 

米国版と同様、こちらは日本株が30銘柄。

どれも1万円で買えます。

ざっと見たところ、積水ハウス、楽天、トヨタ、任天堂、資生堂、花王、キーエンスなど、名だたる企業ばかり。

ボクもキーエンスは気になりますね。

 

ボクは上記の、マネーフォワードと言うアプリで資産管理を始めたのは2年ほど前からですが、資産は10倍ほどになりましたし、投資の収益は15%以上です。

特に頻繁に売り買いを繰り返すデイトレードなんてやらなくて、まったりコツコツ買い増しているだけです。

どちらかと言えば、きちんと管理していることが資産増加につながっていると感じます。

みなさんも、まずは管理の視覚化から初めてみませんか。