読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

60歳で3000万円貯めるには毎年いくら積み立てれば良いか

ファイナンス

年金支給開始年齢

 

過去のお年寄りは60歳になれば年金支給が開始されましたが、これからお年寄りになる人は、65歳開始です。年金財政がさらに悪化すれば(するんですけど)70歳支給開始になる可能性もあります。

苦しいですが、国家だって、無いカネは払えませんからね。

ということは、60歳で定年退職したとしても最低でも5年間は待つ必要があります。

どうやって暮らすか。

  • 引き続き働いて収入を得る
  • 貯蓄を取り崩す

大きくこの2つが考えられます。

まあ60歳の時点で体が元気なら働くに越したことは無いんですが、みんながみんな、そうとは限りません。

なので60歳までにある程度の貯蓄が無いと大変、という話になります。

いくら必要か。

まあ諸説ありますし、人によって違うでしょうけど、ここでは3000万円と仮定しましょう。

3000万円なら60歳から70歳までの10年間あると考えても、年間300万円ずつ使えます。

 

必要積み立て額

 

では、60歳の時点で3000万円が貯まるには、それまでに毎年いくらずつ積み立てれば良いでしょうか。

 

仮に40歳の人だとすれば、20年間ですよね。

すると、

 

3000万円 ÷ 20年間 = 150万円

 

なので、毎年150万円ずつ確実に貯金しないと貯まりません。

毎月12.5万円ずつです。

まあ、なかなか大変ですね。

 

これが30歳の人なら、30年間です。

なので、

 

3000万円 ÷ 30年間 = 100万円

 

です。毎年100万円ずつ、つまり毎月約8.33万円ですね。

 

30歳で貯蓄を始めるのと40歳で始めるのとでは、こんなに負担が違います。

投資運用の最大の武器は「時間」ですが、まさに時間のパワーが効いています。

 

しかし、ここまでの話では金利を考慮していません。

 

40歳の人が毎年積み立てながら年間3%の利回りで利息が付いたとしたらどうなるでしょうか。

 

40歳から積み立てスタート

年利3%

積み立て期間20年間

積み立て目標額3000万円

 

減債基金係数

 

こういう時に使うのが減債基金係数という数値です。

減債基金係数は条件ごとに決まっていて、全部載せるのは不可能ですが、上記の条件での減債基金係数は0.037です。

すると次の計算式になります。

 

積み立て目標額 × 減債基金係数 = 必要積み立て額

 

なので、

 

3000万円 × 0.037 = 111万円

 

よって、40歳の人は、毎年111万円ずつ積み立てて3%で運用できれば、20年後に3000万円になります。

 

ちなみに30歳ならどうでしょうか。

 

30歳から積み立てスタート

年利3%

積み立て期間30年間

積み立て目標額3000万円

 

この条件での減債基金係数は0.021です。

なので、

 

3000万円 × 0.021 = 63万円

 

と、なんと、40歳の人の半分近くにまで減りました。

金利が入ってくると、さらに時間の効果は大きくなるんですね。

 

ちなみに、3%で運用するというのは、日本の銀行預金に預けているだけでは、まず難しいです。そんなに金利が高く無いですから。

  • 国内株式
  • 外国株式
  • 国内債券
  • 外国債券

これが基本です。

これまでの実績から見れば、この4種の投資先に分散投資すれば、3%のリターンは軽く狙えます。

もちろん将来も狙える保証は無いですが、日本の銀行預金に一括して預けておくよりは、はるかに高いリターンが得られる可能性があるとともに、分散投資によるリスクヘッジになります。

 

www.b-chan.jp

 

日本の制度設計から言って、貧しくて命を失うことは回避できます。生活保護制度がありますから。

しかし、その話と豊かな老後生活を送れるかどうかは別。

体が動く若いうちに対策をスタートさせておくことをオススメします。

何度も書いたように、時間こそが最大の武器ですから。

 

www.b-chan.jp

 

ちなみに、他の条件で積み立て額を計算したい、つまり減債基金係数を知りたい人は、こちらのページに入力してみてくださいね。

 

keisan.casio.jp