読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

普通の人のための資産形成入門 その3.退職金制度の有無、どちらが良い?

ファイナンス

退職金制度 

 

従来型の企業には退職金制度が存在することが多いです。

最近は退職金制度が存在しない企業もありますね。

 

今回は、その有無の良し悪しをテーマにしてみます。

と言っても、退職金と言う概念の無い企業は論外にしますね。

ここで言う退職金制度の無い企業は、その代わりに、毎月の給料に退職金を分割して上乗せしている、つまり、毎月の手取りが多い企業だと考えてください。

 

例えば、

月給30万円、勤続年数40年間、退職金1200万円

を例に考えましょう。

話を簡単にするために、月給の変動は無し、20歳で勤務開始、60歳で退職、ボーナスや税金のことも考えないことにします。

 

退職金制度のある企業(A社)だと、毎月の給料は30万円で、60歳時に1200万円がもらえます。

合計すると、

 

30万円 × 12ヶ月 × 40年間 + 1200万円 = 1億5600万円

 

一方、退職金制度の無い企業(B社)だと、1200万円の退職金は40年間つまり480ヶ月に分割して支払われます。

つまり1ヶ月あたり25,000円です。

なので、合計すると、

 

325,000円 × 12ヶ月 × 40万円 = 1億5600万円

 

結局、どちらの企業であっても、もらえる総額は同じです。

 

では、あなたはどちらの企業を選びますか?

毎月の給料は2万5000円安いけど、60歳になったら1200万円をドーンともらえるA社か、それとも、毎月2万5000円ずつコツコツと上乗せしてもらえるB社か。

 

ちなみにボクは、どちらも経験があります。

まあどちらも退職してしまっているので、60歳まで待つ意味はすでに無いんですけどね。

 

ファイナンシャルリテラシー

 

今回のこの問題は、あなたのファイナンシャルリテラシーを試しています。

 

A社とB社、あなたにとって確実に有利なのはB社です。

 

理由はとても簡単で、それはすでに過去に書きました。

 

www.b-chan.jp

 

時間には価値があります。

おカネを今すぐもらえば、それを使うこともできますし、運用して増やすこともできます。

おカネを将来もらうなら、それまでは手をつけることができません。

今すぐもらう1万円と1年後にもらう1万とでは前者が絶対的におトクです。

 

もうひとつ理由があります。

それは企業の倒産リスクです。

意外に思うかもしれませんが、世の中の企業の大半は30年ももたないんです。

現在、世の中には歴史ある有名な会社がたくさんありますが、それらは全体の数の中のごくごく一部なんです。

30年後には9割が消えていると考えた方が無難です。

てことは、40年後に退職金をもらうと言うのは、40年後にも企業が存続していると言う前提なので、確率で言えば非常に低いんですね。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

今回は退職金を例に書きましたが、別に退職金に限りません。

おカネと言うのは、金利が発生しないのであれば、

  • 受け取りは早い方が良い
  • 支払いは遅い方が良い

と言う大原則があります。

これができない企業や家計は苦しくなります。

 

だからボクは生活のほとんどの支払いをクレジットカードにしています。

一番の損は知識が不足していることです。

クレジットカードは怖いから、と言うイメージだけで避けている人は、それだけで損しています。

怖いと思うのなら具体的に何がどのように怖いのかを学ぶべきです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

この連載は普通の人が資産形成できるのを目指します。

そのための知識蓄積のために書いています。

やる気がある人は、ぜひ学んでみてください。