非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

おカネ儲けのパターン一覧(どれが儲かるのか)

おカネ儲けのパターン

 

 

一般の人がおカネ儲けをするには、だいたい次のパターンがありますね。

ボクの経験と知識を活かして、テキトーに書いてみますよ。

 

 

サラリーマン

 

 

サラリーマンは国民の大多数が経験するおカネ儲けの手法です。

最大の特徴は、能力より高いおカネがもらえることです。

と書くと、

 

いや、自分は給料以上に働いている!

 

と反論する人が出てくるんですが、そんな人はほとんどいません。

企業とは、そのビジネスモデル、組織作り、資金調達、倒産リスクなど、さまざまな複合要因で成り立っています。

それを作り上げたのは紛れもなく起業家であり、サラリーマンではありません。

例えば出張に行く交通費もサラリーマンなら会社負担です。

会社が倒産してもサラリーマンが会社の借金を負うこともありません。

にもかかわらず、毎月、安定して給料をもらえます。

今月は30万円もらったけど、翌月は5万円。そんなリスクも無いのです。

それくらい、サラリーマンはローリスク・ハイリターンです。

それでも自分は給料以上に働いている自信があるのなら、どうぞ会社を辞めて起業すればいいんですよ。

その時に自分の能力の無さとサラリーマンの恵まれた環境に気付かされますから。

効率よく低リスクでおカネ儲けをするにはサラリーマンは最も適しています。

特別な能力の無い人向けですね。

 

 

社長(非オーナー)

 

 

サラリーマンが出世すれば社長になる人がいます。

社長になれば、レバレッジが掛かるので、さらに儲かります。

レバレッジに関しては過去に何度も書いて来ました。

このへんの記事を読んでください。

 

www.b-chan.jp

 

 

サラリーマン社長の特徴は雇われであることです。

つまり、経営者としての能力が低ければ、株主からクビを言い渡されます。

まあ、一般のサラリーマンよりもハイリスク・ハイリターンになるってことですね。

それでも、次に書くオーナー社長のようなリスクは無いので、ある意味、効率の良いおカネ儲けの手法です。

 

 

社長(オーナー)

 

 

サラリーマン社長と違ってオーナー社長は自分の会社を所有しています。

つまり、経営と所有が分離されていないんですね。

なので、社内において圧倒的な権力を持っています。

経営のコントロールも自分の意思で行えます。

自分をクビにするかどうかも自分の意思です。

なので、基本的にはおカネ儲けには向いている方法ですね。

ただ、その分、手腕が問われます。

何せ、会社を存続させるかどうかは、ほぼ自分の力量で決まりますから。

また、会社の保証人になっていれば、大きなリスクも負います。

会社が倒産すれば、保有する株式もゴミです。

サラリーマン社長よりもはるかに大きなリスクを負います。

つまり、サラリーマン社長よりも圧倒的にハイリスク・ハイリターンですね。

会社が成長すれば、日本を代表する富裕層の仲間入りです。

 

 

貯金

 

 

コツコツ貯金しておカネ持ちになるのは非常に効率の悪い方法です。

日本の世の中の大多数の人は、安全を重視して貯金します。

当たり前のことですが、安全であればあるほどおカネ儲けはできません。

ローリスク・ローリターンですからね。

一生懸命、貯金をする人は、自らおカネ持ちになる機会を捨てている人です。

大多数のコツコツ貯金のサラリーマン。まさに一生、庶民でいることを選んだ人たちです。

 

 

ギャンブル(パチンコ、競馬、競輪、競艇)

 

 

ギャンブルで一攫千金。夢がありますが、実際のパチンコ、競馬、競輪、競艇にはそんな夢はありません。

なぜなら還元率が低いからです。

わかりやすく言えば、ハイリスク・ミドルリターン。

つまり、損です。

ただ、馬が好きとかボートが好きとか、銀の玉がランダムに落ちていくのを見るのが好きとか、そう言う、おカネ儲けとは無関係な趣味の部分もあるので、否定はしません。

あくまでも、おカネ儲けの手法としては損なだけです。

 

 

FX

 

 

為替は上がるか下がるかのどちらかです。

円を持っている人とドルを持っている人がいれば、円高はドル安を意味します。

つまり、どちらかが儲かればもう一方は損します。

FXは全体ではプラスマイナスがゼロなんですね。

完全なるゼロサムゲームです。

あと、市場規模が巨大です。

なので、企業が単体でどうにかできるマーケットではありません。

政府か戦争のどちらかが影響を与えます。

そうなるとますます個人も企業も手を出せません。

将来がどうなるかを予想する。

ちょっとギャンブルに近いですね。

レバレッジを掛けすぎなければ、そんなに損もしませんがそんなに得もしません。

が、トータルで考えれば、やや不利なおカネ儲けの手法です。

 

www.b-chan.jp

 

 

株式

 

 

株式は企業の血液です。

産業の発展に必須です。

株式はギャンブルではありません。

なぜなら、全員が勝つこともあるからです。

その点がFXとは全く違います。

あと、株式は企業の業績や将来性で動くので、ある程度、個人の裁量が働く場合があります。

例えば議決権ですね。

それに資産の状況を調べれば、株価が割安か割高かもわかります。

株式の時価総額と、その企業の純資産を比較すればいいんです。

株を単にギャンブルとしか思っていない人にとっては株式投資はハイリスク・ローリターンです。

しかし、会計やファイナンスをきちんと学ぶ意欲のあるひとにとっては、株式はある程度コントロール可能な投資です。ミドルリスク・ややハイリターンになります。

ボクも積極的に株式投資をしています。

ただし投資信託やETFも含みます。

 

www.b-chan.jp

 

 

宝くじ

 

 

宝くじの当選は単なるルーレットなので、主催者含めて誰もコントロールできません。

単なる運です。

しかも胴元がかなりの割合を取ってしまい、残り「カス」を数千万人が奪い合うわけです。

宝くじで高額当選する確率よりも起業して成功する確率の方がずっと高いです。

宝くじはハイリスク・ローリターンの代表です。

富裕層になる人は、まず買いません。

宝くじの期待値すら知らない無知な人だけが買うのです。

ボクも絶対に買いません。カネと時間のムダです。

 

www.b-chan.jp

 

 

起業

 

 

日本でも起業のハードルが下がってきました。

起業は新しい産業を生み、雇用を生み、社会を豊かにします。

もっと多くの人が起業するような社会になれば、幸せな人が増えます。

貧困で自殺する人が多い今の日本を脱却するためにも、国を挙げて支援して欲しいですね。

もちろん起業して成功すれば大きなリターンがあります。

それは、リスクを受け入れて行動した人に対する当然の報酬です。

ハイリスク・ハイリターンですが、最近はミドルリスク・ハイリターンになってきました。

やる気のある人にとっては魅力的なおカネ儲けの手法です。

そして得られるのはおカネだけではなく名声も尊敬も。

そりゃそうです。

何せ多くの雇用を生み出すわけですから。人助けになるんですよ。

 

 

金(ゴールド)

 

 

金と言う金属が他の金属と違うのは、圧倒的な保存性です。

何せ1000年経ってもほとんど性質が変わりません。

銀、プラチナ、鉄、銅など、他の金属は数年経てば錆びたり性質が変化します。

それと、これは金に限らないんですが、埋蔵量に限界があります。

モノの価格は需要と供給で決まります。

金の埋蔵量がこの先いきなり増大するような魔法が起こらない限り、金の供給量は限定的です。

そこに地球の人口が増えていくわけですから需要は増えます。

会社の株式は倒産すれば価値はゼロになります。

国家も破綻すれば通貨価値は暴落します。

いくら銀行に貯金があっても、国家の財政が悪化すれば、インフレで、貯金の実質価値は目減りするのです。

しかし、金の価値はゼロにはなりません。

ただし、金そのものは収益を生み出しません。

金で儲けるにはキャピタルゲインしか方法がありません。

そう言う意味では、おカネ儲けの手法と言うよりはおカネを失わないための防衛資産ですね。

もちろん、安く買って高く売れば儲かります。

ローリスク・ローリターンと言っておきます。

 

 

不動産

 

 

不動産投資は一言では言いにくいんですよね。

なにせ不動産にはいろいろあるからです。

オフィスビル、マンション、店舗、倉庫、土地。

さらに、建物全体を買うのか、一部を買うのか。

キャピタルゲインで儲けるのかインカムゲインで儲けるのか。

リスクの大きさは不動産よりもファイナンスで決まります。

つまり、資金調達ですね。

当然ですが、自己資金が少なく借り入れが多い方がリスクも増えますが儲けも大きくなります。

 

www.b-chan.jp

 

 

不動産投資の難しさは、不動産の相場観とともに金融知識も求められることですね。

やはり勉強熱心な人が有利です。

世間的には不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われていますが、現物不動産投資の場合は、そんなわけで、リターンは何とも言えません。

ミドルリスク・ミドルリターンを求めるなら、REITなどの不動産金融商品を買うのが良いですね。

 

 

まとめ

 

 

おカネ儲けの鉄則は、ラクしておカネ儲けはありえないと言うことです。

さっきも書きましたが、モノの価格は需要と供給で決まります。

 

供給が少ないほど価格は上がりますし、需要が多いほど価格は上がります。

つまり、世の中に数少ない能力を持つ人ほど収入は上がりますし、世の中の多くの人が求める人ほど収入は上がります。

そのための方法として、ある分野でトップクラスになるのは非常に難しいわけです。

例えば、不動産の世界で100人に1人の人材になるのは大変です。

しかし10人に1人の人材になるのはそんなに難しくはありません。

例えば、不動産の世界で10人に1人の人材になり、さらに英語も身に付けて10人に1人の人材になれば、不動産かつ英語ができる100人に1人の人材になれるわけです。

掛け算思考ですね。

 

www.b-chan.jp

 

 

繰り返しますがラクして儲けることは難しいです。

どうせ、テレビを見たりダラダラしているのなら、その時間を能力アップに使ってみてはどうでしょうか。

万人に1日24時間は平等に与えられているので、時間の使い方が勝負を決めます。

時間を有効に活用して、限られた24時間の中で一般の人よりも高い能力を身に付ける努力をした人が高い収入を得られます。

つまり、一番のおカネ儲けの手法は時間の有効活用なんですよ。

明日から本気出す人(そんな人はたくさんいる、つまり供給が多い)では無く、今から本気出す人です。

 

覚えておきましょうね、重要なキーワード。

レバレッジ、需要、供給、時間の有効活用。