読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

クレジットカードのリボ払いが恐ろしい理由

ファイナンス

クレジットカードのメリット 

クレジットカード

 

 

ボクはクレジットカード利用を大いに推進しています。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

ファイナンスの概念をしっかり理解してるのであれば、クレジットカードの利用はとにかくお得なのです。

いま買って、支払いは将来で、しかも無金利。

企業経営者なら特にこの絶大なメリットはよく理解できるでしょう。

無金利というのは要するにおカネの調達コストがタダということですから、むしろ使わないと損なのです。

年会費無料のクレジットカードを持って支払いは極力クレジットカードで。

これが基本です。

 

リボ払いの巨大な落とし穴

 

しかし一方で、絶対に使ってはならない仕組みもあります。

それがクレジットカードのリボ払い。

これは絶対に絶対に使わないように。

理由を説明する前に、このページに計算機があります。

 

www.bankrate.jp

 

まずは、

 

借入額100,000円

金利13%

月々返済額10,000円

 

で計算してみましょう。

支払利息額は6,415円ですね。

 

では、借入額だけを2倍にしてみてください。

 

借入額200,000円

金利13%

月々返済額10,000円

 

です。

すると、

支払利息額は26,631ですね。

借入額は2倍なのに支払利息額は一挙に4倍近くになりました。

 

では、さらに借入額を2倍にしてみてください。

 

借入額400,000円

金利13%

月々返済額10,000円

 

です。

すると、

支払利息額は127,128ですね。

今度は5倍近くになってます。

 

最初の借入額と比べると、借入額は4倍なのに、支払利息額は約20倍!になっているんです。

 

同じ人からおカネを借りるのに、利息が20倍になるって恐ろしくないですか?

 

「1,000円貸してくれる?」

「いいよ、利息は100円でいいよ。」

 

と言っていたのが、いつの間にか、

「1,000円貸してくれる?」

「いいよ、利息は2,000円だよ。」

となったのと同じ。

 

なぜこうなるのでしょうか。

ここで思い出して欲しいのがボクの以前の記事。

 

www.b-chan.jp

 

今の1万円と1年後の1万円とは価値が違うという話です。

時間に価値があるからです。

例えば多くの人は住宅を買うときにローンを組みますよね。

30年間コツコツとおカネを貯めてから、そのおカネで住宅を買ったら遅すぎるんですよね。

だから、金利という費用を支払って30年間という時間を買うわけです。

金利というのは時間を買うための費用だと思ってください。

これがファイナンスの大原則です。

 

リボ払いの特徴は支払い期間が変化する点です。

もし支払い期間が変化しないのなら、借入額が2倍になれば金利も2倍になります。

しかしリボ払いでは毎月の支払額は一定。なので、借入額が増えれば増えるほど、返済期間が延びていきます。

つまり、時間コストが増大していくわけですね。

もう一度書きますが、支払い期間が変化しないのなら、時間コストは変わりません。だから単純に借入額が増えた分だけ利息も増えるわけです。

しかしリボ払いで借入額を増やすと、借入額に対応する利息と時間コストの両方が増えるわけです。

だから、トータルの支払利息額も飛躍的に増えるんです。

目先の支払額は増えないため、非常に手軽に見えるリボ払い。

しかしさっきの例のように、40万円借りれば、なんと127,128円もの利息を払う必要があるんです。

ホント恐ろしいですよね。

目先の40万円が払えなくて借りるような人が、さらに上乗せで12万円も払えるんでしょうか?

こうやって、ファイナンスを理解していない人、金融リテラシーが低い人は、ますます貧しくなっていきます。

おカネ持ちはますますおカネ持ちに、貧乏はますます貧乏に。

この法則を崩すにはとにかく勉強あるのみですよ。

 

ちなみに、オススメの解決策をひとつ書いておきますね。

それは、

 

ボーナス一括払い

 

を使うことです。

リボ払いと違って、ボーナス一括払いは無金利です。

つまり、本来はおカネがかかるはずの時間を無料でもらえるわけです。

できれば利用しないに越したことはない、ではなく、絶対に使った方が得なのです。

普通の翌月一括払いなら、せいぜい1ヶ月半程度の時間を無料でもらえるだけですが、ボーナス一括払いなら、最大で半年近くの時間を無料でもらえるわけです。

だから、目先のおカネが無くて仕方なくリボ払いを考えざるをえない人は絶対にリボ払いよりもボーナス一括払いを選ぶべきですし、目先のおカネがある人でも意図的にボーナス一括払いにした方がトクです。

タダでくれるモノをわざわざ断る理由は無いですからね。

 

話を混同するな

 

こういう話をすると決まって、

 

「クレジットカードはつい使いすぎるから結局無駄遣いをして損だ、だから使わない。」

 

なんて言う人がいます。

使いすぎの問題は今回のコストの話とは関係ない全く別の話なので、話を混同しないように。

単なる別のデメリットに目を奪われて、本来のメリットまで捨ててしまう論法にはボクは賛成できません。

論点をすり替えちゃ、ダメでしょ。

この包丁はとてもよく切れて料理がはかどって便利。だけど人を傷つけやすくて危険だから自分は使わない、なんて言ってるのとレベルは同じです。