読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

円高ドル安、円安ドル高がピンと来ない人へ

ファイナンス

円高円安 

 

1ドル = 100円

が、

1ドル = 110円

になったら、それは円高ドル安なのか円安ドル高なのか。

円が100円から110円になったから円安!と言う人、意外にいるんです。

ボクは元銀行員だし、おカネ関係とは縁が強い世界で生きてきたので、体に染みついているんですが、一般の人にとってはわかりにくいんですよね。

ボクも体に染みつくまではわかりにくかったです。

で、わかりにくければ、わかりやすくすればいい。

そうやってボクは体に染みつかせました。

 

ドルはアメリカの通貨の単位ですが、ボクはリンゴに置き換えます。

リンゴが、

1個 = 100円

から、

1個 = 110円

になったら、リンゴは値上がりしましたよね。

つまり、リンゴ高です。円安リンゴ高です。

リンゴが、

1個 = 100円

から、

1個 = 90円

になったら、リンゴは値下がりしましたよね。

つまり、リンゴ安です。円高リンゴ安です。

 

ドル高ドル安

 

ドルも同じことなんですね。

ドルと言う通貨と考えずに、リンゴと同じように、ドルと言う名のモノだと思えばいいんです。

1個のドルがいくらなのか。

そうすると、

1ドル = 100円

が、

1ドル = 110円

になったら、ドルと言うモノは値上がりしましたよね。

つまりドル高です。円安ドル高です。

 

こうすれば、今後は円高ドル安、円安ドル高が感覚的に瞬時にわかるようになるでしょう。

 

今日はここまで!

実は昨日に続いて今日も頭痛。

なので簡単な記事ですみません。

 

今後は、例えば、日本の金利が上がったら円高になるのか円安になるのか。その理由は?

そんな記事も書いてみたいと思っています。

では、また明日!