非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ダイエットをラクに成功させる考え方

ダイエットの成功は意思

 

 

ダイエットに限らないんですが、何かを達成するためにはゴールの設定をした方が成功しやすいです。

例えば、7月1日からスタートして12月31日に何かを作り上げる場合、6ヶ月間あるので、作業工程を6で割れば1ヶ月あたりのゴールが見えます。

それを30で割れば、1日あたりに必要な作業量がわかりますよね。

つまり、今日、何をやれば良いか。

できなければ、明日、どれくらい取り戻せば良いか。

 

ダイエットもやみくもにやっても成功しにくいです。

多くの人がダイエットに失敗するのは、やみくもにやるからですね。

ちゃんと計算した方がいい。

1kg減らすのには7000kcalの消費が必要と言われています。

1ヶ月で1kg減らすなら、1日に233kcalずつ減らせば良いわけです。

すると必然的に、取るべきカロリーの上限が決まりますよね。

人間には基礎代謝があり、それ以外の運動でもカロリーを消費します。

つまり、それらの合計値から食事のカロリーを引いて233kcalあれば、1ヶ月後に1kg減っている計算です。

1年後には12kg、体重は減ります。

 

と言う、数値化ですね。

なので、毎日、食べ物を食べるときは、必ず1食ごとにカロリーを記録してきます。

 

ボクはいま、iPhoneのVitalboolProと言うアプリを使っています。

 

Vitalbook Pro - ヘルスケア & フィットネス

Vitalbook Pro - ヘルスケア & フィットネス

  • Naoya Araki
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360

 

 

このアプリが完璧とは言いませんが、他のアプリと比べて、記録できる項目が多いんです。

食べ物の種類やカロリーや水分量、歩行距離や睡眠管理など、様々な機能があります。

このアプリにあらかじめ目標体重と期間を入れておけば、1日の理想のカロリーが算出されるので、それに従って行動するだけ。

 

 

基礎代謝

 

 

特別な運動をしなくても人間は普通に生きているだけで基礎代謝と言って、毎日ある程度のカロリーは消費されます。

運動しない人でも、摂取カロリーが基礎代謝を下回ればやせていきます。

ただし、それだと、食事をかなり少なくする必要があるので苦しいんですよね。

そこで、何か別に運動をする、もしくは基礎代謝の多い体質にすることが考えられます。

ボクはジョギングを基礎としています。

ジョギングの代わりにウォーキングをする人がいますが、同じ5kmをウォーキングするのとジョギングするのとでは、脚の疲労度が全然違うことに気付くと思います。

ダイエットならウォーキングではなくジョギングをオススメします。

理由はカンタンで、人間の筋肉は下半身、つまり脚が一番大きいからです。

ウォーキングでは脚の筋肉はあまり付きませんが、ジョギングでは確実に脚の筋肉が鍛えられます。

筋肉は基礎代謝を増やしてくれるんです。

同じ体重の人でも、脂肪が多い人と筋肉が多い人とでは、後者の方が基礎代謝が多いので、やせやすいんです。

腕立て伏せや腹筋でも筋肉が付きますが、腕や腹なので少量です。

ジョギングなら大きな脚の筋肉が付きます。

ジョギングをして下半身の筋肉量を増やしていけば、必然的に、同じ量を食べても体重が増えにくくなるんです。

 

おカネを出してジムに行かなくてもジョギングならウェアとシューズがあれば、どこでも走れます。

同じコースに飽きたら違うコースも選べます。

 

あまり難しいことを考える必要は無いんですよね。

 

とりあえず下半身の大きな筋肉を増やせば基礎代謝が上がって、やせやすくなる。

そうなると、食べ物を我慢する必要性も小さくなる。

良いことだらけですね。

 

ボクは糖質制限もしています。

ここ10日ほど、ご飯もパンも食べていません。ものすごい量の糖質が含まれるからです。

糖質は、消費しきれなかった分は脂肪に変換されて身体に蓄積されます。

意外でしょ?

ご飯は余れば脂肪になるんですよ。

糖質制限をしてしまうと、必要な炭水化物を採れなくなるのでは?と思うかもしれません。

それは事実です。

しかし、ある程度、肥満の人は、外部から炭水化物を摂取しなくても、自分の体内にたっぷり持っているわけです。

外部から摂取しなければ、体内から消費してくれます。

つまり、脂肪が落ちていくんですね。

だから、肥満の間は、炭水化物不足を心配する必要はありません。

やせてから、心配すればOK。

 

ボクはこのパターンのダイエットを始めて10日ほどですが、体重は約5kg減り、体脂肪率は8%ほど落ちました。

ボクの場合は急すぎるので、ここまでのペースは必要ありませんが、基本的な考え方を守れば良いと思います。

 

考えてみてくださいよ。

100万年くらい前に人類が登場し、稲作が登場したのは1万年くらい前。

つまり人類は、誕生してから99%の期間は、穀物なんて食べずに生きてきたんですよ。

米とか麦は、人間にとっては、ごく最近登場した、異物と言ってもいいくらいです。

それまで狩猟生活で日々の食料の確保が大変だったんですが、米の登場により蓄積が可能になりました。

蓄積、つまり、肥満のモトですね。

 

極端なカロリーカットも糖質カットもしなくて良いですが、基本的なイメージを持って、数値目標を設定して、進捗を管理すれば、ダイエットが成功する確率は上がると思います。

やっぱり、日々、体重を量って減っていくと、うれしいですもん。

 

www.b-chan.jp

 

 

体重計を1台は持っておきましょう。

この体重計、高額に感じますが、体重計なんて買えば10年は使います。

 

 

 

 

18000円でも10年間使えば月に150円ですよ。

安いじゃないですか。月に150円をケチって安物の体重計を買って10年間、不便な思いをする必要は無い、ボクは、そう言う考え方です。