読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iOS8で発表された数多くの新機能のうち注目すべきこの3つでiPhoneの弱点は解消していく

iPhone パソコン タブレット

iPhoneの弱点の解消

 

iOS8

*1

 

みなさん、こんにちは!
B-CHANです。


日本時間で6月3日午前2時から始まったAppleのWWDC2014の基調講演。

今回はハードウェアの発表はありませんでしたが、ソフトウェア面でたくさんの新機能が発表されました。


パソコンであるMacのOS Xのニューバージョン。

そして、スマートフォンであるiPhoneとタブレットであるiPadのiOSのニューバージョン。


すごくたくさんの新機能が発表され、詳細についてはいろんなサイトで語り尽くされるでしょうから、その中でボクが気になったiOS8の3つの新機能について見解を書きます。

 

  • ウィジェット……アプリを起動しなくてもウィジェットという形で通知センターの中で実行できる機能です。例えば時刻を見るためにいちいち時計アプリを起動しなくても時計ウィジェットを通知センターに載せておけます。天気を見るためにいちいち天気アプリを起動しなくても天気ウィジェットを通知センターに載せておけます。今後はいろんなウィジェットが開発されるでしょう。

 

  • インテント……Aというアプリで加工した写真をBというアプリでさらに加工し、それをCというアプリに送ってSNSに投稿する、と言ったアプリ間の連携機能です。従来は個別のアプリでこの機能を搭載しているモノがありましたが、対応しているアプリ同士でしかやり取りができませんでした。これからは好きなアプリから好きなアプリへ渡すことができます。

 

  • キーボード……今まではApple製のキーボードしか使えませんでしたが、これからは他社製のキーボードに置き換えることができます。例えば日本語では有名な「ATOK」や「Google日本語入力」などが登場するかもしれません。今までよりずっと楽に日本語入力ができるようになるでしょう。

 

さて、なぜ数ある新機能の中から、ボクがこの3つに言及したか。

実は、これ3つとも、Androidではとっくに実現済みなんですよ。

AndroidがiPhoneより高機能だと言われる理由がこれらなんです。

 

iPhoneにはAppleが厳しい制限を加えています。

厳しい制限を加えているからこそ、他社が新機能を載せるのが難しいと言われていました。

その代わり、ウィルスやマルウェアのような悪いアプリに乗っ取られる危険性も非常に低くなっています。

スマートフォンで出回っているマルウェアの実に99%がAndroidのモノであるという発表もありました。

ガチガチに制限して機能を多少犠牲にする代わりに安全性が高い。

それがiPhoneやiPadです。

 

また、AndroidとiPhoneを併用してみるとわかりますが、iPhoneは非常にシンプルです。

ボクは初心者の人にはAndroidでは無くiPhoneをススメるんですが、それは、シンプルで操作がわかりやすいことと、安全であることが理由なんです。

Androidは確かに高機能ですが、例えば10個の機能を必要としている人に20個の機能を持つモノをススメても意味が無いですし、そのために操作性と安全性が犠牲になるのでは本末転倒です。

今回、Appleは、その制限をゆるめてきました。

もちろんAndroidに対するiPhoneの安全性は確保したまま、つまり、工夫をしながら機能を緩和してきました。

 

これら3つを実現しても、機能的にはAndroidに追いついただけです。

しかし、機能が追いついた上で、操作性と安全性に優れているとしたら。

 

Androidはいまや世界で大きなシェアを獲っています。

コストを削減して安いAndroidスマートフォンを作るメーカーがたくさんあるので、比較的貧しい国の人にも行き渡るからです。

ただしそうやって普及した安いスマートフォンには当然コスト削減のしわ寄せが来ます。

 

iPhoneは非常に価格が高いです。

高い分、パーツが非常に上質です。

タッチパネルに使われているセンサーの精度も、スマートフォンでトップクラスです。

だから、iPhoneは他のどのスマートフォンよりも、指先に吸い付くようななめらかで心地よい動きをします。

 

Androidに機能的に追いついただけ、という見方は事実です。

しかし、機能が並んだ上に、そこに操作性と安全性が加われば、今まで上記の3つが無いためにiPhoneを敬遠していた人たちの何割かはiPhoneに目を向けるようになるんではないでしょうか。

これは、まったく新しい機能を提供しようというAppleの一面とは違い、確実にAndroidに狙いを定めている一面です。

 

あとは、9月に発表が予想される、新型iPhoneで、画面の大型化や電子マネー機能の搭載が実現されるかどうか、それが非常に楽しみです。

 

関連記事

次期iPhoneに搭載されるかも知れないNFC - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneのSafariで2ページ以上前のページに一気に戻る方法 - 非天マザー by B-CHAN

 

iPhoneを買ったばかりで、どんなアプリが役立つのかわからない人にオススメするアプリ96本 - 非天マザー by B-CHAN

 

 

ボクが自宅のインターネットに光ファイバーでは無くWiMAXを使うたくさんの理由 - 非天マザー by B-CHAN

 

 

 

*1:画像はApple公式サイトより