非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

レジでのApple Pay支払時にiPhone Xがフリーズして焦った話

いつもどおりの買い物

 

 

毎週、日曜日は、昼の仕事はデスクワークです。

と言うわけで、今日も職場のデスクであれこれと処理していました。

そしてランチは、これまたいつもどおり近所のコンビニで弁当など。

今日も、いつもどおり、買い物に行きましたよ。

手に入れて10日ほど経ったiPhone Xを持って。

そうです。

去年のiPhone 7 Plusの頃から、コンビニでの買い物に財布は持っていきません。

iPhoneで買い物です。

今回ももちろんそうでした。

 

ところが、iPhoneでの電子マネー生活を始めて以来、約1年、初めての事件が起きました。

 

 

iPhoneがフリーズ

 

 

iPhone Xの場合は顔認証するんですが、その前にスリープ状態から、まずはサイドボタンをダブルクリックします。

すると、メインカードに指定しているカードが最初に表示されます。

そして自動的に顔認証が作動して支払いに使えるようになります。

ボクの場合はこんな感じ。この場合は、QUICPayですね。

メインカード

 

 

本来は、あっと言う間。

 

ところが今日は違っていました。

サイドボタンをダブルクリックしても画面は真っ黒のまま。

何度やっても起動しませんし、試しにそのままレジにかざしても無反応。

なかなかに焦りましたよ。

そりゃそうです。

店員さんは着々と商品をビニール袋に詰め込んでいて、しかもボクは財布を持っていません。

iPhone Xが動かなければ支払いできないのです。

 

仕方が無いので、店員さんに、QUICPayの支払いをキャンセルして、Suicaでの支払いに切り替えてもらいました。

そして画面が真っ黒のままレジにかざすと、無事に決済完了。

画面こそ見えなかったものの、Suicaでの支払いはOKだったんです。

Apple Payの中ではSuicaだけは特別扱いで、エクスプレスカードと言って、唯一、認証無しで支払いができるように設定できます。

今回は、それのおかげで助かりました。

 

いや、助かったなんて言い方はヘンですね。

そもそもiPhone Xが異常になったせいですから。

 

ちなみに、買い物を終えた後で、そのiPhone Xを普通にスリープ解除して、いつものホーム画面にして、Walletアプリをタップして起動してみました。

すると、ほら、真っ白のまま。

Wallet

 

 

試しにスクリーンショットを撮ってみたら、反応は無かったんですが、ちゃんと写真アプリ内に上記の真っ白画面が保存されていました。

 

同じように、カメラアプリを起動してみると、このように、真っ黒のままでシャッターボタンだけが表示されます。

カメラ

 

 

Instagramアプリを起動してみると、ロゴだけが表示されて、あとは真っ白。

Instagram

 

 

やはり、iPhone X全体がおかしくなっています。

ちなみに、そのあと、Twitterアプリを起動しようとアイコンをタップしたら、そこでiPhone X全体の動作が固まりました。

仕方が無いので、音量ボタンと右サイドボタンの長押しで再起動。

 

そうすると、何事も無かったかのように普通の動作に戻りました。

Walletアプリも正常化。

正常なWalletアプリ

 

 

多機能化した今のスマートフォンは手のひらに載る高性能・高機能パソコンと呼べるので、確かに複雑なんでしょうけど、それにしても、実用的に最もまずい場所で不具合が出てしまいました。

まあ、めったに無いことなので、そんなに心配はしていませんが、そう言うこともあるってことです。

 

以前のSuicaでの経験を思い出しましたよ。

 

www.b-chan.jp

 

 

と言うわけで、今回が2994本目の記事。1291日連続執筆。

次回も無事に書けますよーに。