読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

歩くだけ、走るだけで寄付されるアプリ

iPhone つぶやき

ジョギングするだけで寄付 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

歩くだけ、走るだけ、あるいは自転車に乗るだけで寄付ができるアプリがリリースされました。

これです。

 

Charity Miles

Charity Miles

  • Charity Miles
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

アプリを起動すると、寄付の対象となる色んなプロジェクトが表示されます。

WWFのような有名なモノもあります。

今回、ボクは、Pencils of Promiseというプロジェクトを選んでみました。

世界中に学校を建てるプロジェクトですね。

スタート画面 Pencils of Promise

 

 

プロジェクトを選ぶと次は、徒歩かジョギングか自転車かを選びます。ボクは今回は徒歩を選びました。

選択

 

 

というわけでスタートです。

開始

 

 

単に歩くだけ。

距離が進めば進むほど寄付金額が上がっていきます。このプロジェクトだと1マイル(約1.6km)進むと0.25ドル(現在の為替レートで30円くらい)になるようです。

1マイル

 

 

ジョギングが趣味の人もそうですが、そうじゃない人も、通勤時など、必ず1日のどこかで歩きますよね。

なので、とりあえず自宅を出るときにこのアプリをセットして出れば良いと思います。

それだけで寄付されますから。

ボクのようにジョギングが趣味の人は、普段使っているジョギングアプリと、このアプリを同時に起動すればOK。

さらに進む

 

 

ただ、しばらく使っていて思ったんですが、バックグラウンドの処理に少し弱いようです。

常にこのアプリを画面に表示させておく必要はありません。いったんスタートさせたら、他のアプリに切り替えてもバックで動いています。

ただ、あまり数多くの他のアプリに切り替えていくと、このアプリのバックグラウンド処理は停止してしまうようです。

そうなると、このアプリに再び戻ってきた時に、カウントが消えて初期画面になってしまっています。

その場合に、寄付がきちんとなされているのかどうかがよくわかりません。

このあたりは、今後の改善に期待です。

 

なお、寄付と言ってもユーザーがおカネを出すのではありません。

あくまでもユーザーの進行距離に応じてスポンサーが寄付する形です。

なのでユーザーはとにかく歩く、走る、自転車に乗るだけです。

どのスポンサーが就くかは、各プロジェクトの画面に表示されます。

 

寄付文化を広げよう

 

日本ではまだまだ寄付という行為自体が根付いていません。

そういう意味では後進国なんですよね。

ボクの寄付に対する考えを書いた以前の記事も読んでみてくださいね。

 


日本人のあなた、こういう寄付の考え方はいかが? - 非天マザー by B-CHAN

 

 


カネ儲けは悪いことだと言っている人には、こう言ってあげよう。 - 非天マザー by B-CHAN

 

 


生活保護を批判している人には、こう言ってあげよう - 非天マザー by B-CHAN

 

 


消費税率アップの前に、税金の本来の目的を知っていますか? - 非天マザー by B-CHAN