読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのロック画面で写真を動かす方法

iPhone カメラ

ロック画面は動く 

 

iPhoneをを使う前に表示されるロック画面。

その画面に表示される写真を動画にする方法を書きます。

まずは、実例を見てください。

 

 

いつものロック画面ですが、画面を長押しすると、 動き出すんです。

 

ライブフォト

 

この写真、実は、ライブフォトと呼ばれる写真です。

ライブフォトはiPhone 6s/6s Plusから導入された新機能なので、それ以前の機種の人は、まず、iPhone 6s/6s Plus以降の機種に買い換えてください。

で、カメラを起動します。

そして、写真撮影モードにして、画面の上にあるアイコンをオン(黄色)にします。

これがライブフォトモードです。 

Live Photosモード

 

 

このモードでシャッターボタンを押すと、ボタンを押した前1.5秒と押した後1.5秒の計3秒間が記録されます。

つまり、写真と言いながら実は短い動画撮影なんですね。

面白いのは、シャッターを押してから3秒間では無く、シャッターの前後3秒間だということです。

てことは、カメラアプリを起動している間は、シャッターを押す前から常に録画されてるってことですよね。

 

で、これで写真を撮ったら、あとは「設定」アプリ→「壁紙」→「壁紙を選択」→「カメラロール」と進んで、撮ったライブフォトを選択します。

そうすると、

  • 静止画
  • 視差効果
  • Live Photo

が表示されるので、Live Photoを選びます。

この画面で写真を拡大縮小移動ができます。調整が終わったら、「設定」をタップ。

調整画面

 

 

「ロック中の画面に設定」をタップします。

ロック中の画面に設定

 

 

これで完了。いったんスリープボタンを押してiPhoneの画面を消してから再度ロック画面を表示してみてください。

そこで画面を長押しすれば、写真が動き出します。

設定完了

 

 

普及するかどうか

 

これ、意外と知らない人が多いみたいですね。

 

ちなみに、ボクはこういうアプリもダウンロードしてみました。

 

 

自分で写真を撮らなくても、あらかじめたくさんのライブフォトが収録されてます。

起動したら左右にスワイプして写真を選び、気に入った写真を保存するだけ。

あとは上記のように設定します。

私のライブ壁紙

 

 

まだAppleだけのライブフォトですが、表示に対応したサービスも増えてきました。

いずれ、ライブフォトが世界の標準的な写真になるかも。