非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

自宅でスマートフォンをWi-Fiで使っていない人は大損している

有線LANとWi-Fi 

 

今回は基礎的な話。

多くの人がスマートフォンを使っていますが、自宅でスマートフォンを使うときに、Wi-Fiを使わない人が少なからずいるそうです。

 

もし、あなたが自宅でパソコンを使う場合、自宅用にインターネット回線を引いている人が多いと思います。

最近はほとんどの家庭が光回線だと思います。

これは、NTTなどの基地局から自宅まで光ファイバーを使う回線です。

たいていの家庭は、インターネットを使う場合は光回線を使っていて、通信速度が非常に速いです。

速いか遅いかは相対的なモノなので、一概には言えないですが、色んな通信技術の中で、現時点では光回線が一番速いと思ってください。

 

自宅まで来た光回線を自宅のパソコンにつなぐには2通りの方法があります。

 

  • 有線LANでつなぐ
  • 無線LAN(Wi-Fi)でつなぐ

 

有線LANの方が速いですが、ケーブルがあるので、わずらわしいです。

また、パソコンにLAN端子が必要です。

Wi-Fiは有線LANよりは遅いですが、ケーブルが不要なので、ノートパソコンなんかは自宅の好きな場所に移動できます。

現在、一番速い光回線を有線LANでつなぐと、最高で1Gbps(1000Mbps)の速度が出ると覚えてください(契約の種類によります)。

無線LANの場合は、一番速くて約300Mbpsくらいです。

なので、自宅でパソコンを使っていて、パソコンを移動させる必要が無くて、パソコンにLAN端子があるなら、有線LANを使った方が快適です。

 

 

携帯電話回線とWi-Fi

 

 

一方のスマートフォン。

スマートフォンで通信を行うには2通りの方法があります。

 

  • 携帯電話回線
  • Wi-Fi

 

携帯電話回線とは、ドコモやau、ソフトバンクなどが全国に飛ばしている電波のことです。

ほとんど全国で使えます。

現在の第4世代(4G)と呼ばれる技術ではどんなに速くても、最高で100Mbps程度です。

Wi-Fiに関しては、マクドナルドやコンビニ、カフェ、駅など、使えるエリアがあちこちにあります。

携帯電話回線は1ヶ月に使える容量に制限があるので、Wi-Fiが使えるエリアではWi-Fiで通信すれば、その間は携帯電話回線での通信を使わずに済むため、使用量の節約になります。

ただし、Wi-Fiによって品質がバラバラなので、速度が速いWi-Fiもあれば遅いWi-Fiもあります。

また暗号化に対応していないWi-Fiもあるので注意が必要です。

 

www.b-chan.jp

 

 

で、今回は、自宅でのスマートフォンの使用の話です。

さっき書いたように、もし自宅にインターネット回線を引いているのなら、自宅でスマートフォンを使うのにWi-Fiが使える場合があります。

もし、自宅のパソコンですでにWi-Fiを使っているのなら、スマートフォンでも同じWi-Fiが使えます。

つまり、自宅でWi-Fiを使えば、携帯電話回線を使わずに済むため、容量の節約になります。

 

逆にもし、自宅でパソコン、インターネットを有線LANで使っている人は、自宅にWi-Fiが無い可能性が高いです。

その場合は、自宅に設置されている光回線の装置にWi-Fiルーターをつないでしまいましょう。

すると、自宅でもWi-Fiが使えるようになります。

つまり、自宅で携帯電話回線を一切、使う必要が無くなるのです。

Wi-Fiルーターは家電量販店やAmazonで買えます。

 

 

携帯電話回線に接続されている状態だと、スマートフォンには3Gとか4GとかLTEなどと表示されています。

 4G

 

 

Wi-Fiに接続されている状態だと、スマートフォンにはWi-Fiのマークが表示されています。 

Wi-Fi

 

 

ボクのiPhoneの「設定」アプリの「Wi-Fi」のページはこんな感じ。5GのWi-Fiに接続されていることがわかります。

Wi-Fi選択

 

 

非常にややこしいですが、Wi-Fiの5Gとは、携帯電話回線の3Gや4Gとは全く意味が違います。

Wi-Fiには、

 

  • 5GHz
  • 2GHz

 

の2種類があると思ってください。そして、2GHzのWi-Fi電波は電子レンジなどと周波数が重なるので、電子レンジ使用中には通信が混線します。

なのでボクが5G(5GHz)の方を使っています。

 

通信速度チェックをしてみました。

スピードテスト

 

 

自宅のWi-Fiは自宅に来ている光回線を電波に変換するので、光回線の速度より速くなることはありません。

それでも、携帯電話回線よりは速いと思ってください。

上記の図では、

 

  • 携帯電話回線は20Mbps〜40Mbps
  • Wi-Fiは30Mbps〜60Mbps

 

とあまり差がありませんが、それはボクの自宅のWi-Fiルーターの性能が良くないからですね。

一般的には、自宅で光回線からWi-Fi電波を飛ばすと、携帯電話回線より通信速度がずっと速いと思ってください。

 

つまり、自宅にWi-Fiを設置すると、

 

  • 光回線を電波に変換するだけなので通信料金がかからない。
  • 携帯電話回線より通信速度が速い。
  • 携帯電話回線の通信量を節約できる。

 

これによって、絶大なメリットが生まれます。

例えば、LINEやFacebookメッセンジャーでの音声通話。

自宅で光回線からのWi-Fiを使ってLINE通話をする限り、何時間、話し続けても通信料金は固定のままです。

要は月額固定の光回線の料金だけで、通話し放題になるんです。

てことは、もはや自宅に固定電話なんていらないわけです。

遠距離のカップルや単身赴任の家族は、両者の自宅に光回線を引いてWi-Fiを設置すれば、通話し放題ってことです。

固定電話だと通話時間が長くなれば通話料金がどんどんかかりますからね。

 

とにかく、自宅にインターネット回線があるのに、スマートフォンを携帯電話回線で使うのは大損と言うことです。

 

Wi-Fiルーターは比較的安価なので、さっさと設置してしまいましょう。

 

Speedcheck Internet Speed Test

Speedcheck Internet Speed Test

  • Frederik Lipfert
  • ユーティリティ
  • 無料