読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone 6 Plusで疑似おサイフケータイを快適化する

iPhone

おサイフケータイの大型化 

 

ボクは数年前から、iPhoneにケースを被せ、裏面にカードを収納して、駅の改札を通ったり店で買い物をしています。

おサイフケータイ機能を擬似的に再現しているわけです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

昔のiPhoneは小さかったので、裏面にカードを収納してもピッタリのサイズでした。

でも今ボクが使っているのはiPhone 6 Plus。

大きすぎるんです。

iPhoneの背面には磁気干渉防止シートを貼り付けるんですが、今のiPhoneだと、面積が大きすぎて、カードとシートがズレちゃうんです。

ズレると、駅の改札で引っかかります。

そのたびにカードの位置をシートにピッタリ合わせ直します。

これがひんぱんに起こると、さすがに面倒ですね。

 

磁気干渉防止シートの加工

 

そこで、iPhone 6 Plusの背面全体をシートで覆うことにしました。

すでに持っているシートに加え、新たに2枚手に入れました。

 

 

これらを加工します。

写真を見てもらえばわかりやすいですね。

 

まずはカードと、すでに持っているシート(flux)と新しく入手したシート。 

カードと並べる

 

 

新しいシートを取り出したところ。

取り出し

 

 

fluxと並べてみたところ。

比較

 

 

iPhone 6 Plusの背面に載せてみたところ。

背面に置く

 

 

新しいシートはピッタリの大きさなので、そのまま貼りました。

fluxを切り取って加工しました。

加工

 

 

これによって、カードがケース内で動いても、シートがiPhoneの背面の大半を覆っているので、読み取りエラーが発生することが無くなりました。

ちなみにiPhoneの背面の上下には樹脂の部分がありますが、ここは通信電波を飛ばすための箇所だと思われるので、ここには被らないようにした方が良いと思います。

 

以上、iPhoneで疑似おサイフケータイをしている人への参考記事でした。

ちなみに上記のTOPカードのようにオートチャージ機能があるカードなら、いちいち現金をチャージする必要が無いのでとても便利ですよ。