非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

同じ長さの人生を生きていても経験値が多い人の工夫。iPhoneのスピーチ機能。

時間の使い方

 

 

1日は24時間。これはすべての人に平等。

なのに、人によって、多くのことをこなしたり、多くの仕事をしたり、多くのことを知っている人もいれば、そうでは無い人もいます。

それは、完全に時間の使い方と行動の違いです。

 

例えば、サラリーマンが毎日、通勤するのに電車で移動するとします。

電車に乗る時間が片道1時間なら、その1時間の過ごし方で、往復2時間の差が出ます。

1日に24時間しか無いのに2時間も差が出たら、経験値や能力に大きな差が付きます。

1年のうち250日通勤するなら、500時間です。

たったの1年間で500時間分の能力差、経験差が生まれます。

500時間の遅れを取り戻すのはほぼ不可能。

つまり、毎日の積み重ねが、人間のスキルの取り戻せない差となるのです。

電車でボーッとしている人、スマホでゲームをしている人、何らかの勉強をしている人。

この3人は、たったの1年間で大きな能力差になります。

ただのスキルの違いでは無く、意思や行動力そのものが違うので、単なる時間差以上の開きになります。

 

 

効率

 

 

以前にも書いた記事のおさらいになるのですが、かなり前なので、もう一度ここに書きます。

 

例えば、ボクは、ジョギングをします。

ジョギングにかかる時間は約1時間。

普通に考えればジョギングに行けば、その1時間は他のことに使えません。

 

しかし、工夫すれば良いんです。

 

例えば、ボクはジョギングの際にiPhoneを持ちます。

iPhoneのジョギングアプリで、経路や距離や歩数やカロリーなど、色んなデータが残せるからです。

 

Nike+ Run Club

Nike+ Run Club

  • Nike, Inc
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

しかし、それだけではありません。

iPhoneには読み上げ機能があります。

「設定」アプリの「一般」「アクセシビリティ」「スピーチ」と進んでみてください。

その中の「画面の読み上げ」をオンにするんです。

スピーチオン

 

 

で、AmazonのKindleアプリの登場。

 

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

 

 

これにボクは大量の電子書籍を入れている、と今までにも書いてきましたね。

最近はほとんどの本はKindleで買っていますから。

テキトーに本を開きましょう。開いたら、画面の一番上から2本指で下にスワイプ。

2本指

 

 

すると、スピーチのパネルが登場。本の内容を音声で読み上げてくれます。

スピーチ画面

 

 

ウサギのマークを押せば、読むスピードアップ、カメのマークでスピードダウン。

ページめくりも自動です。

まあ、たまに訓読みを音読みしたりしますが、大きな悪影響はありません。

 

ジョギング中に、これを聞けば、ジョギングと読書を同時にできるんですね。

1時間でジョギング、1時間で読書なら、合計2時間。

しかし上記の方法なら、1時間でジョギングと読書の両方が可能。圧倒的に効率が良いんです。

さらに英語学習中の人なら、英語の書籍にすれば良いんです。

すると、1時間で、ジョギングと読書と英語リスニング学習の3つを達成。

 

こう言う工夫を日々、積み重ねることで、同じ長さの人生でも、経験量や知識量、行動力やモチベーションに大きな差が付くんです。

 

 

と言うわけで、時間が無い、時間が無い、と騒いでいる人は、まずはボクのようにテレビを捨てて、時間の使い方を工夫してみてはいかがでしょうか。

 

24時間に30時間分の経験をすることも可能ですよ。