非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの安全機能がかえって危険なのでオフにした

データの消去

 

 

iPhoneを使うときは、Face ID(顔認証)かTouch ID(指紋認証)かパスコードを入力するように設定しましょう。

これらを設定しておかないと、他人に好き放題、使われてしまいますから。

 

iPhoneを紛失した際、GPS機能を使って、iPhoneの現在地を知ることができます。

 

www.b-chan.jp

 

 

これまた、iPhoneの安全機能のひとつですね。

要は、iPhoneを紛失しても、電源さえ入っていれば、場所はわかりますし、パスコードなどを設定しておけば、他人が勝手に使う可能性も低くなります。

 

それでも、さらに安全のための機能があります。

 

「設定」アプリを起動して、「Face IDとパスコード」と言う項目に進んでください。

Face ID

 

 

その中に、「データを消去」と言う項目があるんですが、ボクはこれをオフにしています。

データの消去

 

 

紛失したiPhoneを拾った他人が、パスコードを何度も入力してiPhoneを使おうと試みた場合、パスコードを10回、間違えると、iPhoneの中のデータをすべて消去してくれる機能です。

つまり、何度もパスコードを入れていくうちに、万が一、パスコードが正解してiPhoneを使われてしまうことになっても、この機能さえオンにしておけば、中のデータは消去されてしまうので、個人情報や写真などが流出する危険性が無くなるわけですね。

 

 

オフにする理由

 

 

そんな安全のための機能なんですが、ボクはオフにしています。

理由、わかりますか?

 

考えてみれば、カンタン。

 

紛失したiPhoneを拾った他人が、パスコードを10回試すと、中のデータが消去されてしまうわけです。

つまり、データを消去されたくなければ、この機能をオンにしてはいけないわけです。

 

ボクは、iPhone Xを使っていて、普段は顔認証でロック解除しています。

パスコードを他人に破られる危険性は限りなく低く、ほぼ奇跡に近いんですね。

なので、この機能をオンにしておくメリットよりもデメリットの方が大きいと考えています。

 

また、ホントに最悪の場合は、iCloudの機能を使って、遠隔操作でiPhoneのデータを消去することもできます。

 

と言うわけで、セキュリティのための機能ですが、ボクは逆に安全のためにオフにしている、と言うお話でした。

 

www.b-chan.jp