読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

過去のiPhoneがiPhone 7シリーズよりも圧倒的に優れていること

iPhone

ホームボタン 

 

iPhone 7 Plusを使い始めて1ヶ月近くになりました。

 

みなさん、もし手元に、iPhone 7シリーズと、iPhone 6s以前の機種の両方を持っているなら試してみてください。

iPhone 7シリーズのホームボタンを押しまくってから、以前の機種のホームボタンを押すんです。

もう、気持ちいいいいいいいいいいっ!!!!

 

iPhone 7シリーズではホームボタンは単なるセンサーなのでヘコまないんですよね。

押すと、ボコッと震えて擬似的にヘコんだような感覚を生み出しています。

しかし所詮は擬似的なシステム。

何も知らない人なら、ヘコんでいると思ってしまうかもしれませんが、ボクたちは知ってしまっているのです。

ヘコんでいるようでヘコんでいないことを。

 

それに慣れてから以前の機種のホームボタンを押すと、ホントに気持ちいいんです。

だって、実際にヘコむんですから。

カチッと!

 

とにかく、ホントに気持ちいいです。

以前まで、ずっとそのホームボタンを使っていたので、それが普通だと思っていました。

しかし今となっては、ボコッと擬似的なボタン。

手元にあるiPhone 6s Plusを手放してしまえば、もう二度とあのカチッが味わえなくなります。

 

先日も書きましたが、iPhone 7シリーズでも、カチッを味わうことは可能です。

やり方はカンタンで、iPhone 7シリーズを手に持たずに机上に置いたままでホームボタンを押すことです。

ね、カチッとなるでしょ?

まるでホントにヘコんでいるみたいに。

それはそれですごい技術だと思います。

 

でも、そのあとに以前のiPhoneのホームボタンを押すと、桁違いのカチッが。

 

まあしかし、Appleは今後も、新しい擬似的ホームボタンを採用します。

実際、MacBookシリーズのトラックパッドなんてすばらしいですよ。

基本的にMacBookなら、机上に置いて使うじゃないですか。

だから、ボコッでは無くカチッが来ます。

あの巨大な面積のトラックパッドでカチッ。

ホント不思議な感覚です。

 

過去のiPhoneがiPhone 7シリーズより優れているのは、ズバリ、ホームボタン。

と言う話でした。

 

ホームボタン以外

 

実際には、それ以外の部分は、やっぱりiPhone 7シリーズ、すごいです。

体感的に速いです。

iPhone 6sだと、アプリのアイコンをタップしてから起動するまでが、ファッと言う間ですが、iPhone 7だと、スバっと言う間です。

体感的に2倍の速さでアプリが立ち上がります。

 

あと、写真もキレイです。

ボクのかつてのヒット記事をご存知でしょうか。

 

www.b-chan.jp

 

そうです。カメラには何よりも光が大切なんです。

iPhone 7シリーズのレンズは明るいレンズ。

やっぱり、画質は向上してますね、とくに薄暗いシーンで。

 

それと意外とすごいのが、iPhone 7シリーズのスピーカー。

いや、単にステレオ化されただけなんですけどね。

でも、今までのiPhoneならiPhoneを横に向けると、片側からしか音が出ないので不自然でした。

iPhone 7シリーズならステレオなので、これでようやく、iPhoneで普通に音楽を聞こうと言う気になれます。

 

なんて、何とかiPhone 7シリーズの良い点を書きましたが、それでもホームボタンの劣化はいかんともしがたいです。

そりゃ、センサー化によって壊れなくなったのは理解できますが。

 

いつか将来、もっと擬似的な技術が進んで、リアルなカチッを実現してほしいモノです。

 

 iPhone 6s Plus(左)とiPhone 7 Plus。

iPhone 6s PlusとiPhone 7 Plus