読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iCloudで削除したファイルを復元するための注意点

iPhone パソコン Android

iCloud DriveはDropboxの競合

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

iPhoneとiPadではiOS8が登場し、MacではOS X Yosemiteが登場しました。

たくさんの新機能が使えるようになったんですが、その中で大きな心機能のひとつがiCloud Driveです。

 

従来のiCloudというのは、完全にクラウド上にシステムがありました。

そしてiCloudにデータを保管できるのはiCloudに対応したアプリのみでした。

例えばApple製のワープロであるPagesはiCloudに対応しているので、iPhoneのPagesで作った文書はすぐにiCloudに保存されました。

そして他のiPadやMacのPagesで引き続きその文書を開いて閲覧したり加工したりする事ができるわけです。

 

今回、iCloudがiCloud Driveに発展しました。

iCloud DriveになってもiPhoneから使う限りはほとんど変わりません。

でもMacやWindowsなどのパソコンから使う場合は大きく変わりました。

便利になりました。

簡単に言うと、Dropboxそのものです。

従来からDropboxを使っている人にとっては何の目新しさもありません。

が、同時にそれはDropboxという便利な世界にAppleが参入したことを意味します。

 

さっきも書いたように、従来のiCloudは対応したアプリでしか使えませんでした。

Pagesで作った文書はiCloudに保存され、他の端末のPagesで見られます。

Keynoteで作ったプレゼン資料は他の端末のKeynoteで見ることができます。

しかし、それらの文書ファイルやプレゼンファイルをパソコンなどでファイルとして見ることはできませんでした。

これは基本的にファイルという概念が無いiPhoneの思想に沿っていて、非常にシンプルで何も難しいことを考える必要は無かったのです。

このあたりはAndroidとは対極です。

Androidはほぼパソコンなので、しっかりファイルを扱うことができ、非常に多機能、裏返して言えば複雑です。

Androidにはファイラーと呼ばれるアプリがあり、ファイルに対応したアプリがインストールされていなくても、ファイルの名前の変更や移動などが行えます。いわゆるファイル操作ですね。

 

しかし、ここへ来て、iCloud Driveの登場。

iCloudがDropboxと同じように、好きなファイルを置けるようになりました。

ただしiPhoneやiPadでは複雑化を避けるように従来通り、対応アプリのみ。

好きなファイルを置けるようになったのはあくまでもパソコンからです。

何でもいいんですが、例えばWindowsの「ペイント」アプリで作ったファイルをiCloud Driveに放り込むことができます。

しかしiPhoneにはそれに対応するアプリが無いので、それをiPhoneで見ることはできません。見るどころかファイルの存在すら基本的に知ることができません。

あくまでもiPhone、iPadは従来通りです。

しかしパソコンでiCloud Driveを使えるようになった恩恵は実に大きいのです。

 

ファイル削除と復元の問題

 

実は、昨日、ボクはiPhoneのPagesアプリで、間違えて文書を削除してしまいました。

もしこれがパソコンなら、ゴミ箱に入ったファイルを戻せば、またファイルは復活します。

なのでパソコンでは間違ってファイルを削除しても問題ありません。

しかし、iCloudに対応したiPhoneアプリでは復活の手段がありません。

一度でも間違えて消してしまうと永遠にサヨナラです。

 

試しにクラウドサイトのiCloudのページも見に行きましたが、やっぱり消えてました。

 

iCloud

 

そうです。

現時点で、iCloudには、ゴミ箱という概念が無いのです。

Dropboxなら、クラウド上にもゴミ箱があるので、間違えて削除しても30日以内なら復元できます。

Dropboxアプリではゴミ箱は扱えませんが、iPhoneでもウェブのDropboxのページを見に行けばゴミ箱があります。

 

しかし、iCloudは対応アプリにもウェブサイトにもどこにもゴミ箱はありません。

ゴミ箱が無い以上、一度でも削除すれば終わりです。

iPhoneを復元するという、ハチャメチャめんどくさい方法でかろうじて復元に近いことをできなくもないですが、現実的ではありません。

やりたい人は、こちらを参考にどうぞ。

 

iCloudから誤って削除したメモを復元する - researchmap

 

というわけで、ボクのPagesの文書はいくつか永遠のお別れとなってしまいました。

 

しかし、今はiCloud Driveがあります。

iCloud DriveはDropboxと同じように、パソコンに同期用の専用フォルダが作られます。

その中に放り込んだファイルは他のMacやiPhoneやiPad(ただしiPhoneとiPadでは対応アプリのみ)で見ることができます。

また、普通のフォルダなので、その中のファイルはパソコンで自由に名前を変更したり移動できたりします。

Pagesなどで作った文書はiCloud Drive内に自動的にフォルダが作られて保存されます。

 

この、普通のフォルダであるという点がポイント。

MacやWindowsで削除したiCloud Drive内のファイルはMacやWindowsのゴミ箱に入るのです。

つまり、間違って削除してしまっても簡単に復活できます。

MacのiCloud Drive

 

 

試しに、iPhoneのアプリ(Pagesなど)でファイルを削除してみましたが、やはりパソコン側のゴミ箱に入ることはありませんでした。

つまり、iPhoneやiPadのアプリでファイルを削除してしまうと、やはりiCloudから永遠に消え去ってしまうのです。

 

よって、教訓です。

iCloud上のファイルは念のためにiPhoneやiPadでは削除するのは避けましょう。

削除をするなら必ずパソコンで。

そうすれば万が一間違って削除しても復活できます。

 

元々の問題は、AppleがiCloudにゴミ箱機能を実装していないことです。この点ではDropboxより見劣りしているので、いずれ実装してくれるのを待つしかありません。

 

ちなみにiPhoneのPagesアプリではDropboxやBoxなどのクラウドサービスから読み込めるようになっているんですが、なぜかDropboxのボタンが出て来なかったり、現時点ではちぐはぐです。

まだベータ版ってことなのか、アップル側の問題なのか、Dropboxの対応の問題なのかはよくわかりません。

クラウド選択 Box

 

 

関連記事

Dropbox使っていますか?簡単な使い方の事例を一つ書きます - 非天マザー by B-CHAN

Evernoteで作るラーメン食べ歩き記録♪ - 非天マザー by B-CHAN

スマートフォンの容量が少なくて困っている人!これらを使ってみては? - 非天マザー by B-CHAN

DropboxもSugarSyncもはるかにしのぐ15GBからスタート、さらにボーナス容量も。無料クラウドストレージ"Copy"の紹介。 - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneの記憶容量が足りない人へ - 非天マザー by B-CHAN