非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iOS11ではDockが便利に

パブリックベータ

 

 

ボクは現在、

 

  • iMac
  • MacBook Air
  • iPhone
  • iPad

 

と、Appleのガジェットを4台持っています。

メインはiMac(6月に買ったばかり)とiPhoneです。

MacBook AirはiMacを買ってから売ろうと思っていましたが、持ち運びができるので、まだ使っています。

iPadは半分はこのブログの記事ネタにするために買ったので、実用的にはそんなに活用していません。読書に使うことがほとんどです。

 

そんな中、iOS11のベータ版の話題。

 

Apple Beta Software Program

 

実は、今のAppleは昔のAppleからは考えられないんですが、一般ユーザーに時期OSのベータ版を公開しています。

つまり、登録さえすれば誰でも、時期OSを試用できるんです。

てなわけで、ボクは、

 

MacBook AirにmacOSの次期バージョンを、iPadにiOSの次期バージョンをインストールしました。

 

  • macOSの次期バージョンはmacOS High Sierra
  • iOSの次期バージョンはiOS 11

 

いずれも正式版は今年中に解禁されるでしょうが、macOSの方は約20年ぶりのファイルシステムの更新があるなど、大幅な刷新です。

名前はSierraからHigh Sierraに変わるだけなので、何となく小さな変更である印象ですが、実はMacのOSは名前がマイナーチェンジの年ほど中身の変更は大きい歴史があるんですよね。

一方のiOS11。

これまた、iOS史上最大の刷新のようです。

 

 

iPadのDock

 

 

iOS10までのiPadのDockはiPhoneと同じでした。

Dockって画面下のアイコンが並んでいるエリアのことです。

WindowsパソコンのタスクバーとかMacのDockと同じような役割ですね。

しかし、iOS11のDockは大幅に機能拡張されます。iPadのみですが。 

 

これがその画面。 

Dock

 

 

まず、並べられるアイコンの数がかなり増えました。

15個くらいは並べられるようです。

あと、左右にエリアが分割されています。

左側は従来のアイコンエリア。

そして右の3つはアプリの利用履歴です。

直近で使ったアプリを再度使うのが非常にラクです。

従来はホームボタン(丸いボタン)をダブルクリックしていましたからね。

ちなみに、ホームボタンをダブルクリックすると、こんな画面になります。 

タスク履歴

 

 

今回の新しいDockの最大の特徴は、アプリの使用中にも呼び出せることです。

画面の一番下から上方向にスワイプするだけ。

スワイプするとDockが登場し、さらに指を離さずにその上までスワイプすると上記の画面(ホームボタンダブルクリックと同じ)が登場します。

アプリの使用中にもDockが呼び出せるので、アプリの切り替えがカンタンなんですよね。

また、何かのアプリを起動中にDockを呼び出して、そこにあるアプリを指でドラッグして画面の端に持って行くと、そのアプリも同時に起動します。

つまり2画面です。

従来からあったスプリットビューですが、やり方がカンタンになったんですね。

スプリットビュー

 

 

こんな風に、パブリックベータを使えば、新しいOSを先取りできます。

もちろんベータ版なので、不具合が出ても自己責任です。

メインで使っている機器にインストールするのはやめておいた方が良いですね。

 

ちなみにiOS11ではスクリーンショットを撮ると、その場で編集できますよ。 

スクリーンショット