読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone 7が防水になったので、防水性能について学んでみる

iPhone Android スマートフォン

防塵防水を調べてみる

 

iPhone 7が防水になったので、防水の意味を備忘録的に書いておきます。

 

iPhone 7の防水性能は、

 

IP67

 

です。

 

IPはPnternational Protectionの略ですね。大事なのは、その後ろの数字です。

2桁ありますが、

  • 左側の数字が防塵性能
  • 右側の数字が防水性能

を表します。

 

防塵性能

 

ではまず、左側の防塵性能の数字を見てみます。ウィキペディアから。

 

0級 特に保護がされていない

1級 直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)

2級 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)

3級 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない

4級 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない

5級 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)

6級 粉塵が中に入らない(耐塵形)

  

iPhone 7の場合は数字が6なので、6級つまり粉塵が中に入らないわけです。

ちなみに、防塵性能に関して特に実験が行われていない場合は数字の代わりに、Xという文字で表されます。

例えば、IPX8と書かれていれば、防塵性能に関しては触れていない(わからない)ということです。

 

防水性能

 

次に右側の防水性能の数字を見てみます。

 

0級 特に保護がされていない

1級 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)

2級 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)

3級 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)

4級 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)

5級 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

6級 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

7級 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)

8級 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

 

 iPhone 7は7級なので一時的な水没に耐えられるということです。8では無いので水の中に入れっぱなしはダメですね。

 

数字が大きいほど防水性能が高いとも言えない

 

ここで注意することがあります。

等級の数字が大きくなるほど防水性能が高くなると思いがちですが、そうとも言えないんですね。

例えば、5級を見てください。

 

5級 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

 

iPhone 7の場合は8級なので、水没には耐えられるんですが、5級では無いので、噴流水に耐えられるとは限らないんです。

水に沈めても良いけど、水を吹き付けるのはダメかも、ってことです。

ちなみに、ソニーのXperia X Performanceというスマートフォンだと、

  • IPX5
  • IPX8

と書かれています。

つまり、5級と8級の防水実験済みですよ、ただし防塵についてはわかりませんよ、ってことです。

噴流水にも耐えられるし、継続的な水没にも耐えられます。でも防塵についてはわからないんですね。

 

おさらい

 

iPhone 7とiPhone 7 PlusはIP67です。

粉塵が中に入りませんし、一時的に水没しても平気ですが、噴流水に対して大丈夫かどうかは実験されてません、ということですね。

 

なお、防水に関して気をつけてほしいのは、あくまでもキレイな水が対象だということです。

例えば炭酸水や醤油や入浴剤の影響は考慮されていません。

 

ボクも今回、調べてみて勉強になりました。

 

最後に、Appleのサイトに記載されている文言を見てみます。

 

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

 

www.apple.com

 

つまり、経年劣化で防水性能は低下していく可能性があって、いつまでも防水性能が続くわけじゃないんですよ〜、その場合に浸水しても保証の対象外ですよ〜、ってことです。

 

みなさん、気を付けましょう!