非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone Xの価格を見て、いかに負担を少なく入手するかを考える

約15万円

 

 

11月3日にiPhone Xが発売されます。

史上最高値のiPhoneだと言われています。

まあ、高性能ですからね。

スペック表に現れない性能が高いんですよ、アップル製品全般に。

iPhoneシリーズの精密な設計と他社の製品を比べると、素人でも気付きますよね。

Apple製品は箱にすらコストがかかっていますから。

そんなApple製品の中で、スペック表に載る部分でも性能が高いのがiPhone X。

 

とりあえずソフトバンクが価格を発表しました。

 

japan.cnet.com

 

 

64GB版が131,040円。

256GB版が149,280円。

その差はわずか18,240円。

 

これまでの経験から64GB版だと足りないので、ボク的には選択肢は256GBだけ。

スマートフォン1台で約15万円。

うちのMacBook Airよりも高いです。

紛失が怖いですねえ、持ち歩くだけにリスクが高いです。

と言っても、20万円や30万円のブランド品のバッグよりはマシでしょうか。

なにせiPhoneは紛失してもGPSで現在地を探し出せますから。

 

 

256GBモデル

 

 

高価なiPhoneですが、おなじみの割引があります。

2年間の契約、つまり2年間、通信料を払う前提であれば、端末料金が割引されます。

機種変更なら、割引後の負担額は81,840円。かなり安くなりますね。

 

ここでこんな記事。

 

www.b-chan.jp

 

 

そうです。ボクは毎年、iPhoneを買い換えていて、そのたびに旧機種をヤフオク!で売っているのです。

前回のiPhone 6s Plus 128GB版は、52,500円で売れたんですね。

買うのも高価ですが、売るのも高価なのがiPhoneの特徴。

ボクがいま持っているのがiPhone 7 Plusの256GBモデル。

ほぼ確実に6万円近くで売れると思われます。

現時点でのボクのiPhone 7 Plusの残債は残り13回払いで、68,250円。

もしヤフオク!で6万円で売れたら、実質負担は8,250円。

これまで毎月5,250円を払い、2,835円の月月割りを受けています。

つまり毎月の負担は2,415円で、それが1年なので、28,980円。

結局、ボクは1年間でiPhone 7 Plusに28,980円と8,250円の合計である37,230円を支払うことになります。

1年間のiPhoneの端末代と言っていいでしょう。

これが37,230円。

元々のiPhone 6s Plusが126,000円なので、かなり安く使えましたね。

 

目の前のiPhone Xの価格は約15万円と高く見えますが、月月割りとヤフオク!を組み合わせれば、実際に自分が負担する額はずっと少なくなります。

 

そして、ボクのように、iPhoneをネタにしてブログで価格以上の収益をあげれば、むしろプラスです。

iPhoneを15万円で手に入れても、それによって20万円、30万円と稼げばいいのです。

 

そんなわけで、ボクの勝負は11月3日の発売に向けて、いかに早く予約できるかなんですよね。