読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone6 Plusのホントの巨大さを表す1枚の画像

iPhone

iPhoneシリーズの画面の面積

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

初代からiPhone4sまでは画面サイズが3.5インチ。

iPhone5シリーズは4インチ。

iPhone6は4.7インチ。

そしてiPhone6 Plusは5.5インチです。

 

iPhone6 Plusの画面の面積は、3.5インチの画面のiPhoneの約2.1倍です。

 

iPhone6 Plusの画面(5.5インチ)

横:68.36mm

縦:121.54mm

面積:8,308.4744平方mm

 

iPhoneの画面(3.5インチ)

横:51.42mm

縦:76.38mm

面積:3,927.4596平方mm

 

8,308.4744 ÷ 3,927.4596 = 2.1154831

 

つまり、倍以上大きくなったんですね。そりゃ大きいと感じるはずです。

 

iPhoneシリーズの画面のピクセル数

 

でも、表示できる情報量という観点で見れば、実は倍どころでは済まないのです。

 

iPhone3GSまでの画面のピクセル数は、

横:320ピクセル

縦:480ピクセル

計:153,600ピクセル

 

iPhone6 Plusの画面のピクセル数は、

横:1080ピクセル

縦:1920ピクセル

計:2,073,600ピクセル

 

※実際はiPhone6 Plusでは内部的には、横が2208ピクセル、縦が1242ピクセルで処理していて、それを上記の画面にダウンスケーリングして表示しています。

 

ピクセル数の比率で言えば、

 

2,073,600 ÷ 153,600 = 13.5

 

そうです。実に13.5倍に拡大しているのです。

iPhone6 Plusの画面には、iPhone3GSまでの画面が13.5枚も入るのです。

荒っぽい言い方をすれば、iPhone6 Plusは1台で、iPhone3GSの13.5台分の画面表示処理をしていることになるんですね(もちろんそういう単純な話でも無いですが)。

それだけでもマシンパワーの進化がよくわかります。

それをわかりやすくするために画像を作ってみました。

iPhoneのピクセル数比較

 

 

iPhone6 Plusの画面の右下に、同じピクセルサイズのiPhone3GSの画面を置いてみました。

こんなに違うんですよね。

当時は、このピクセル数の画面で、地図を見たりメールを見たりしていました。

iPhoneって1画面に同時にひとつのアプリしか表示できませんよね。

でも、当時のピクセル数で地図やメールを見ることができていたということは、理屈の上では、今なら13個のアプリを並べて同時に表示してもきちんと表示が可能ということなんです。

もちろん実際には画面サイズが13.5倍になっているわけでは無いので、小さすぎて見えませんが。

iPhone6 Plusの大きさを画面サイズで比較する機会は多いんですが、ピクセル数を画像で比較する場面をあまり見かけないので、ちょっと思い立って記事にしてみました。

 

ま、そもそも、iPhone4が登場した時に、画面サイズは3.5インチで変わらないのに、ピクセル数が一挙に4倍になったんですけどね。

あの時が一番インパクトが強かったです。

 

関連記事

iPhoneの画面の動きを簡単に動画で保存できるようになった! - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneの「カメラロール」が「すべての写真」に変わる理由 - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneで「」(カッコ)の入力が劇的に簡単になった - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneの計算機アプリと普通の電卓とでは計算結果が違うので気をつけろという話と便利な話 - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneで外出先でテレビ(フルセグ)を見るなら現時点ではこれ一択 - 非天マザー by B-CHAN