非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

一番薄くてストラップも付けられるiPhone 7 Plus用保護ケース

ケースを探し続けた

 

ボクが過去にiPhoneの保護ケースを探し続けていたことは知っていますか?

 

www.b-chan.jp

 

iPhone 6sシリーズまでのiPhoneは、いわゆるおサイフケータイ機能がありませんでした。

だからボクはiPhoneのケースにカードを入れて疑似おサイフケータイを実現していました。

それくらい、おサイフケータイは便利なんです。

iPhoneの操作性と、iPhone以外のスマートフォンが持っているおサイフケータイ機能の融合。

それを待ち続けて数年、ついにiPhone 7で実現しました。

もう、日常のほとんどの買い物をiPhoneで行っています。

仕事中を除いて、ほとんどの時間、手の中にiPhoneがあります。

朝、自宅を出て、駅でiPhoneをタッチして電車に乗り、電車内でiPhoneで読書や学習をし、駅でタッチして出場し、食事はiPhoneをタッチ、仕事でも様々な調べ物や地図もiPhone、帰りももちろんiPhone。

 

傷付けない

 

で、とにかくiPhoneをフル活用して、こんなブログを書いているボクなので、当然、毎年のように新機種を買っています。

旧機種は高値で売却。

 

www.b-chan.jp

 

高値で売るためにはキレイな状態を維持する必要があります。

そのためには傷付けないこと。

だからボクはケースを探し続けていました。

以前のiPhoneなら、カード収納できるケースが必須でした。

しかしiPhone 7ではケースにカードを収納する必要は無くなりました。

すると欲求としては軽くて薄いケース。

ケースの役割として、落下させてもiPhoneが傷付かないことが求められそうですが、ボクには不要です。

なぜならストラップを使うから。基本的に落下の心配はありません。

ストラップは常に手首を通していて、iPhoneから手を離しても平気です。

ストラップ

 

 

手首を通すタイプのストラップをリストストラップと言いますが、リストストラップのおかげで、必要なときには両手を自由に使えます。

だからリストストラップは必須。

そして、落下からiPhoneを保護するような頑丈なケースは不要で、傷さえ付かなければOK。

つまり、ケースに求めるのはできるだけ薄く軽いことです。

 

探してみると、一番薄いケースは2種類ありました。

 

 

 

どちらも厚さは0.3mm。これくらい薄いと付けていないのと変わらないレベル。

しかし残念ながらストラップを付けられないんですよね。

ストラップを付けられないのなら落下の心配があり、だとしたら、この薄さでは心配です。 

と言うわけでボクが実際に選んだのがコレ。

 

 

厚みは0.35mmと、ごくわずかに厚いです。が気にならないレベル。iPhoneに装着しても、ほとんど付けていることを感じません。軽い!薄い!

そして、ストラップ。

実はこのケースにもストラップを付ける穴は無いんです。

でも、ボクは勝手にこのように付けています。   

PG-16LSL02BK

 

 

さっきの2つの製品は底部のスピーカーの穴に合わせてケースにも1個1個の穴が開いています。それはそれで丁寧な造りなんですが、そのせいでストラップを通せません。

こちらのケースのように大ざっぱに穴が開いていれば、カンタンにストラップを通せます。

もちろん、正規のストラップホールでは無いので保証はできませんが、実際に使っている限り、そう簡単にちぎれそうにはありません。もちろん引っ張るのはダメですが、手首からぶら下げる程度では大丈夫だと思います。

 

ちなみに3製品とも、うっすらと透けているので、リンゴマークが見えます。

 

と言うわけで、とりあえず、わずか0.05mmですが、ボクは妥協しました。

どこかのメーカーさん。

厚さ0.3mm以下で、右下にストラップホールが付いているケースを作ってください。

ボクは間違いなく買います。

たまに、ストラップホールが右上にあるケースがあるんですが、あれだとリストストラップは使いにくいんですよね。

他に、ストラップホールが右側面にあるケース。これは右の手のひらに当たって不快です。

ストラップホールが背面にあるタイプは、iPhoneをデスクなどに置いた際にグラグラします。

右下がベスト。

メーカーさん、ぜひ!

と言うわけで、現時点でのベストなiPhoneケースを紹介しました。

みなさんも、薄くて軽いケースと落とさないためのリストストラップで快適なiPhone生活を楽しんでくださいね。

ストラップはあくまでも自己責任で。