非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone Xの7個目のケース

色違い

 

 

先日、iPhone Xの6個目のケースを入手した記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

 

で、その記事の中で書いた色違いも入手しました。

そうです。iPhone Xを買ってから7個目のケースです。

今回は、色違いバージョン。

ブラックの方です。

 

 

 

先日の記事で書いたように、ブラックバージョンも透き通っています。

なので、実際、どれくらい透き通っているのか、写真に撮ってみました。

 

正面から見るとこんな感じ。透け感はあまり無いですね。

正面

 

 

裏面はこう。前回のクリアタイプと比べるとバンパーが目立ちます。シルバーのiPhone Xには違和感があると言われればあります。

裏面

 

 

底面はこんな感じ。

底面

 

 

右側。

右

 

 

左側。

左

 

 

まあ、好みの問題ですね。

ボクのiPhone Xはシルバーなので、クリアタイプの方が違和感は少ないですが、ブラックタイプの方が高級感はあります。

しばらくはこのブラックタイプを使います。

 

 

薄さ

 

 

それよりも、iPhone 7 PlusからiPhone Xに乗り換えてから、厚みが気になります。

ボクがiPhone 7 Plusに付けていたケースは史上最薄。

 

www.b-chan.jp

 

 

ケースを付けていても付けていない感覚でした。

薄くて軽くて最高でした。

その代わり、その素材だと透明にはできないんですね。

つまり、現時点では、

 

  • 透明なケースは厚みがある。
  • 薄いケースは色がある。

 

 薄くて透明の素材はまだ発明されていないようです。

iPhone XとiPhone 7 Plusのケースを比較してみましょう。

まずは、ケースが無い状態。

左がiPhone Xで右がiPhone 7 Plus。

ケース無し

 

 

もうあからさまにiPhone 7 Plusが薄いです。

iPhone Xの厚さは7.7mm。iPhone 7 Plusの厚さは7.3mm。

 

ちなみに豆知識ですが、同じ5.5インチのPlusシリーズでも、どんどん厚くなってるって知ってました?

 

iPhone 6 Plus : 7.1mm

iPhone 6s Plus : 7.3mm

iPhone 7 Plus : 7.3mm

iPhone 8 Plus : 7.5mm

 

まあとにかく、iPhone Xは分厚いのです。

そこに今回のケースを付けた状態。

左のiPhone Xのバンパーは明らかに厚いです。ただしバンパーなので周囲だけ。

ケース有り

 

 

右のiPhone 7 Plus用のケースはさすがに薄いです。

付けていてもほとんど変わりません。

 

iPhone 7 PlusからiPhone Xに乗り換えて本体サイズは小さくはなりましたが、持ち歩きの快適さはどう考えてもiPhone 7 Plusが上です。

面積よりも薄さが効いています。

今になって知りました。

スマートフォンは薄ければ薄いほど快適なんですね。

 

先日書いたように、ボクの場合はストラップを使うので落下の心配はゼロ。

つまりケースに耐衝撃性は不要なんです。

ケースは単なる傷防止。

なので、薄ければ薄いほど良いんですね。

 

当面はこのバンパーを使いますが、超絶薄くてストラップが取り付け可能なバンパーがあれば、それに乗り換えます。

なかなか存在しないようですが。

 

まあそれよりも、iPhone自体が厚くなったのが残念です。