読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで「ん」を入力するとコントロールセンターが出てしまうのを回避するワザ

iPhone

「ん」を入力

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

iPhoneのテンキーでフリック入力で文字を入力しているときに「ん」の文字を出すには画面の一番下から上にフリックしますよね。

テンキー ん

 

 

そのときに、画面の下からコントロールセンターが出てきてしまうことがあります。

コントロールセンター

 

 

面倒ですよね。

 

回避する方法

 

そこで、コントロールセンターをオフにせずに回避する方法を思いついたので、ここで発表します。

 

まずは材料から。以下のモノを用意します。

 

iPhone。

 

 

そして、ATOK。iPhone用の日本語入力アプリです。

 

ATOK for iOS -日本語入力キーボード

ATOK for iOS -日本語入力キーボード

  • JUSTSYSTEMS CORPORATION
  • ユーティリティ
  • ¥1,600

 

準備ができたら、iPhoneにATOKをインストールします。

インストールしたらATOKを起動し、「設定」画面の中の「キーボードのスタイル・デザイン」の「サイズ・位置」の「位置」を選択します。

これでキーボードの位置を画面の一番下から少し上に上げてしまうんです。

 

設定 位置を上に

 

 

こうしておけば、テンキーの最下段のボタンも画面の一番下からは少し離れているので、下から上にフリックしてもコントロールセンターは出ません。

冗談のようなテクニックですが、ボクはこれをやってからずいぶん助かっています。

ATOKではキーの位置だけでは無くサイズも自分好みに調整できるので、持ってない人はぜひ使ってみてください!