非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

うつ病などで会社を退職する人は傷病手当金で生活費を確保しよう

皆保険制度

 

 

ボクは昔から偏頭痛持ちで、ただしそれはあまり仕事に影響はありませんでした。

数ヶ月に1回程度は、夕方頃から、かなりの偏頭痛が起こることはありますが、1日の終わりに近いので、仕事に差し支えることは少なかったんです。

そんなボクが群発頭痛と言う病気に襲われたのが2017年。

群発頭痛は偏頭痛と同じく頭痛ですが、偏頭痛とは関係ありません。

群発頭痛は恐ろしい痛みで、睡眠中にも平気で襲ってきます。

偏頭痛は寝て治すことが多いんですが、群発頭痛は全く無関係に襲ってきます。

そして強烈な痛み。

あまりの痛みに自殺する人がいるらしいです。

そして数時間で引いていきます。これも偏頭痛と違う点です。

 

www.b-chan.jp

 

 

幸いにも数ヶ月で群発頭痛の症状は治まったと思われるんですが、2017年も終わりが近づく頃から謎の頭痛が増えました。

年齢のせいかもしれませんが、とにかく肩から上の調子が悪いんです。

肩が痛い、首が痛い、頭が痛い、目が痛い。

で、欠勤することが増えました。

計算してもらったんですが、有給休暇をすべて使っても、なお足りず、欠勤超過になることがわかりました。

つまり、年度の残り期間の休みを削るか、給料を削るか。

当たり前ですが、体調の悪い人間が、残り期間の休暇を削って働けるとは思えません。

なので、給料が削られることになります。

 

そこで、すべての国民が加入している健康保険が活きてきます。

 

 

傷病手当金

 

 

病気やケガで欠勤する人を対象に、傷病手当金と言う制度があります。

これは、ざっくり言うと、欠勤して給料が支払われない期間に、ベースとなる給料の3分の2の金額が支払われると言う制度です。

要は、病気やケガの人を救済する制度ですね。

 

で、ボクのようなケースにももちろん適用できます。

実際にはきちんと医師の診断書が必要となりますが、手続きをきちんと踏めば、欠勤期間中も支給されるので、大いに助かる制度です。

 

よく、病気やケガで会社を辞める人がいるじゃないですか。

うつ病で辞めてしまう人とか。

 

自己都合で辞めてしまうと、失業手当の支給までに待機期間があるので、それまでは無収入になってしまいますが、傷病手当金の対象者であれば、ある程度は支給されます。

 

  • 失業までに1年以上の保険加入期間があること。
  • 退職日に就労が不能であること。
  • 退職日の前日までに連続した3日間の終了不能日があること。
  • 退職日までに傷病手当金が受給できる状態であること。

 

などの要件はありますが、要件を満たせば、最長で1年6ヶ月間の傷病手当金が支給されます。

つまり、退職後もしばらくは生活費の確保ができます。

 

なので、うつ病で単に会社を辞めてしまうのでは無く、それまでに傷病手当金の受給の手続きをしましょう。

 

ちなみにボクの場合は有給休暇を消化して、なお10日以上の欠勤日があり、かつ3日連続して欠勤があるので、対象者です。

なので、今後の体調次第ですが、受給を検討しています。