読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

短期入院では役立たない日本初の医療保険を作ってください

保険

長期入院にのみ役立つ医療保険

 

銀行、保険、不動産などの業界を経験したB-CHANです、こんばんは。

 

今回、ちょっと感心した保険に関する提言を紹介します。

 

保険といっても医療保険。

入院したら保険金がおりる、手術したら保険金がおりる。

おなじみですよね。

 

例えば、入院1日あたり1万円おりる保険だと、30日入院したら30万円、60日入院したら60万円おります。

 

入院が長期化したら費用がかかるからねえ

 

そう思っている人も多いので、この手の医療保険は人気があります。

まあしかし、最近はインターネットで情報が出回っているので、知っている人も多いと思うんですが、医療費って意外とかからないんです。

そうです。

高額療養費制度があります。

 

www.mhlw.go.jp

 

例えば70歳未満で年収が370万円から770万円の人なら、医療費が100万円だとしても自己負担額は9万円弱で済みます。

これだと医療保険なんか加入しなくても自腹で良くないですか?

もし医療保険の保険料(掛け金)が月に5000円だとすると1年で6万円、2年で12万円も支払うことになりますよね。

てことは2年ごとに12日入院しないと元が取れません。

まあ、たいていの人は元が取れないでしょう。

 

あと、医療保険って日数の上限があるんですよ。

60日であることが多いです。つまり1日1万円もらえても最大で60万円まで。

実は入院日数って平均的にはそんなに長くないんですよ。一部の病気を除いては平均的には2週間くらいです。

だからもらえる保険金も14万円程度。

 

そもそも論ですが、保険って、自分の財産ではどうしようもない時のために入っておくべきものですよね。

自己負担できるのなら保険なんていらんのです。

たった14日くらいなら、自分の貯金で何とかなる。

ましてや高額療養費制度があるんだから、多くの人は自腹で何とかなるんですよ。

保険の掛け金の元が取れる可能性が非常に低いんですね。

 

で、ここで言いたいのは、上限60日という仕組みを逆にすればいいんです。

つまり、入院60日までは保険金がもらえず、それよりも入院が長引けば保険金がもらえるという保険。

例えば50日入院しても保険金はもらえません。

既存の医療保険だと、上限が60日ですが、ここでの提言は下限が60日。

これこそがホントの保険の意味合いがありますよね。

だって、60日未満なら保険なんて使わなくても自腹で払えるケースがほとんどですから。

逆に60日を超えるような長期入院になれば休業も長引いて、いよいよ自腹では苦しくなるので、保険が役に立つわけです。

 

こういう仕組みの保険だと、たいていの人は保険金がもらえないので、その代り、保険料(掛け金)がめちゃくちゃ安くできるんです。

つまり、加入者の負担が軽いわけです。

例えばさっき、掛け金が月に5000円だと書きましたが、これがもし掛け金が月に1000円で済めば、4000円は貯金に回せますよね。

1年間で48000円、2年間で96000円も貯まります。

もし入院したのならそれを使えますし、入院しなかったのなら他の事に使えます。

保険に加入してしまうと、他の事に使えないでしょ?

 

まとめ

 

まとめると、

 

  • 短期入院なら保険を使わずに自腹で済ませる。
  • 長期入院になって困る場合にいよいよ保険が役に立つ。
  • 保険料が安いので加入負担が軽い。

 

ほら、良い事だらけでしょ。

 

残念ながら、この仕組みの医療保険は日本にはひとつもありません。

無駄に保険料ばかり払って役に立たない保険ばかりなんです。で、多くの人はそれに加入している、と。

 

どこかの保険会社の人、これを見たら、ぜひ開発してくださいよ。

 

あ、今回の提言、実は、この本に書いてあります。とても感心したので、紹介させてもらいました。

 

 

よく考えたら、この本、数日前にも紹介したばかりですね。いや、ホント面白いんです。