非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

地球上で体重が軽くなる場所とは?

引力

地球

 

 

今年も、もうそろそろ終わるので、地球規模の話でも書いてみます。

 

地球上で体重を量ると、場所によって体重が違うって知ってましたか?

まあ、よく考えたら、当たり前なんですけどね。

 

まず、すべての物体には引力があります。

万有引力の法則って言うくらいですし。

物体は、目には見えない、引っ張る力を発生させます。

これが引力です。

自動車にも、人間にも、ビルにも、地球にも、すべて引力があって、お互いに引っ張り合っています。

ただ、地球上では、他の物体に比べて地球の大きさ(重さ)が圧倒的に大きすぎるので、他の物体の引力は地球に負け、その結果、あらゆる物体が地球に引き寄せられるわけです。

つまり、地球に向かって落下するわけです。

引力は、物体の中心に近づくほど大きくなり、遠ざかるほど小さくなります。

ロケットの発射を思い出してください。

発射してから、ある程度、地球から遠ざからないと、落下してしまいますよね。

宇宙に出るには、少なくとも、地球の引力の影響を受ける距離から離れる必要があるわけです。

そこからもわかるとおり、引力は遠ざかるほど小さくなります。

 

地球の形

 

ここで知っておいてほしいのは、地球は完全な球形ではないと言うことです。

地球は、北極と南極を軸にして、自転しています。

すると、遠心力(外側へふくらむチカラ)が働くので、赤道を中央に、地球はふくらみます。

何億年もかけて、少しずつ、地球は横長に(と言うか東西方向に長く)なっています。

南北は短く、東西は長い、楕円形です。

 

そうなると、北極や南極は、地球の中心に近く、赤道は地球の中心から遠くなりますよね。

なので、北極や南極では、地球からの引力を強く受け、赤道上では、地球からの引力は少し弱くなります。

 

重力

 

引力と似た言葉に重力と言うのがあります。

重力は、引力と遠心力の差です。

 

さっき書いたように、地球は北極と南極を軸として回転しているので、赤道上では最大の遠心力がかかります。

例えば、ある地点で、引力が100だとして、遠心力が30だとすると、その地点での重力は、70になります。

 

ここで考えてみてください。

 

上に書いたように、北極や南極では引力が大きいですよね。

しかも、遠心力はありません。

逆に、赤道上では、引力は小さいです。

しかも、遠心力は最大です。

 

と言うことは、差し引きすると明らかなように、地球上では、

 

  • 北極と南極で重力は最大
  • 赤道上で重力は最小

 

となります。

 

なので、体重計に乗って体重を量ると、赤道上では軽くなるのです。

 

地形にも左右される

 

もっとも、厳密に言えば、地球の形はぴったりキレイな楕円形ではないですし、地球の中心から北極までの距離と、地球の中心から南極までの距離は、微妙に違いますし、同じ赤道上でも、山の高さや海の深さによって、地球の中心からの距離も異なります。

 

だから、地球上の各地点ごとで微妙に重力は異なるんですよね。

 

と言っても、重力の一番大きな地点と、重力の一番小さな地点の差は1%にも満たないレベルなので、誤差なんですが。

 

以上、今回は、いつもと違う、物理系の記事を書いてみました。

 

ついでに、「遠心力」関係の他の記事もどうぞ〜。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp