非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

FOSTEXのPM0.3HとPM-SUBmini2をオーディオインターフェース(UAC-2)に接続した。

PM0.3H

 

 

以前から何度か、デスクトップのスピーカーを試していました。 

 

www.b-chan.jp

 

 

そして今回、FOSTEXの最新のアクティブスピーカーである、PM0.3Hを導入しました。

 

 

 

 

このPM0.3HはDTM(デスクトップミュージック)の定番アクティブスピーカーであるPM0.3の最新版です。

機能、性能はほとんど同じで、ハイレゾに対応しただけです。

つまり、再生できる周波数が広がりました。

 

アクティブスピーカーとは、アンプ内蔵のスピーカーのこと。

なので、パソコンやオーディオインターフェースからラインケーブルをつなぐだけで音が出ます。

 

www.b-chan.jp

 

 

せっかく、ハイレゾ(24ビット、192kHz)に対応したオーディオインターフェースを手に入れたので、スピーカーもちょっと背伸びしてみたわけです。

と言っても、あくまでも1万円強のスピーカー。上を見れば高級品は他にいくらでもあります。

スピーカーって、大きければ大きいほど音質が良いわけでも無いんですよね。

このPM0.3Hは幅が10cmほどの小さなスピーカーです。

得意分野は中高域の音で繊細な音が出ます。

まあ192kHzなんて、もはや人間の耳には判別できない周波数なので、過剰な性能の環境ではあるんですが、明らかに聞き取りやすくなりました。

1万円台で音質の良いアクティブスピーカーを探している人にオススメ。

 

 

PM-SUBmini2

 

 

上記のPM0.3Hはあくまでも中高域の音が専門で低音はあまり出ません。

そこで、同じFOSTEXのサブウーファーである、PM-SUBmini2も導入しました。

 

 

 

 

ウーファーと言っても幅は20cm。なかなかコンパクトです。

が、低音は十分。

ボクのような独り暮らしには出過ぎるくらいです。

ウーファーと言えば、どうしても、ダンスミュージックの重低音を意識してしまいますが、実は、クラシック音楽なども、ウーファーがあると、かなり重厚になります。

聞き取れなかった低音がしっかり聞こえるようになります。

PM0.3Hを買うなら、最初から、PM-SUBmini2もセットで入手しましょう。

両方合わせても2万円強ですからね。

 

いちおう、ボクの配置をお見せしておきます。

 

まずは右のスピーカー。こっちがアクティブスピーカーです。ここに外部(パソコンやオーディオインターフェースからの音声を入力したり、電源ケーブルを接続します。 

右

 

 

こっちは左スピーカー。裏の端子に、右のスピーカーからのケーブルを差し込むだけです。

左

 

 

全体はこんな感じ。

全景

 

 

ウーファーはデスクの下に置きました。

ウーファー

 

 

インシュレーター

 

 

上の写真でわかると思いますが、左右のスピーカーの下にインシュレーターを置きました。

インシュレーターとはスピーカーの下に置いて音質を向上させるための足ですね。

金属製のインシュレーターなら音は鋭くなり、木製なら温かくなります。

 

ボクが今回選んだインシュレーターはこれ。

 

 

 

 

木製です。ただし固くて重くて丈夫です。

比重が1.4もあるので水に沈みます。

1辺が3.4cm。

1つのパッケージに4個入っているので、2パッケージ買えば、片方のスピーカーに4つ足になるんですが、ボクはあえて1つのスピーカーに3個の足を付けました。

インシュレーター

 

 

接地面は少ない方が振動の影響が少ないですからね。

インシュレーターを付けることでスピーカーの高さが少し上がり、耳の高さに近づくメリットもあります。

 

 

ケーブル

 

 

最後に、ケーブルについて。

 

ボクの環境は、

 

  • UAC-2(オーディオインターフェース)
  • PM0.3H(スピーカー)
  • PM-SUBmini2(サブウーファー)

 

となりました。

 

  • UAC-2からの出力はTRS(標準フォンジャック)
  • PM0.3Hへの入力はRCAピンジャック
  • PM0.3の右スピーカーから左スピーカーへの接続はミニフォンジャック
  • PM-SUBmini2への入力と出力はRCAピンジャック

 

接続の順序は、

 

UAC-2(オーディオインターフェース)

TRS(標準フォンジャック)

RCA(ピンジャック)

PM-SUBmini2(サブウーファー)

RCA(ピンジャック)

RCA(ピンジャック)

PM0.3H(右スピーカー)

ミニフォンジャック

ミニフォンジャック

PM0.3H(左スピーカー)

 

となります。

サブウーファーには入り口と出口があるので、真ん中に挟むわけですね。

赤い文字が端子です。

最初に、標準フォンとRCAのケーブルが必要です。

 

 

 

 

次は両端がピンジャックのケーブルですね。

 

 

 

 

左右のスピーカー間のケーブルはスピーカーに付属してるんですが、ボクの環境では左右が1.8mあるので届かないんです(付属ケーブルは1.5m)。

なので、別途、長いケーブルを入手しました。

 

 

 

 

と言うわけで、今回は、FOSTEXのスピーカーセットとパソコン、オーディオインターフェースがつながった話でした。

参考にしてくださいね〜。