読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

難病への募金詐欺でボクが一番恐れること

ニュース つぶやき

募金

 

心臓の難病を患う男の子の手術費用。

その募金を行なっていた人が、ウソだと告白しました。

 

www.huffingtonpost.jp

 

このニュースを聞いたあなたはどう思うでしょう?

多くの人はどう思うでしょう?

 

「詐欺かもしれないから、寄付なんてしない。」

 

と思うんじゃないでしょうか。

 

ボクは、以前、こんな記事を買いたことがあります。

 

www.b-chan.jp

 

世の中には悪人がいます。

しかし、それはほんの一部です。

10人のうち1人が悪人だとしたら、カメラのシャッター音をつけるのは、1人の悪人のために9人の一般の人が悪影響を受けることになります。

まさに、悪人によって一般の人がコントロールされてしまっている状態です。

 

上記の難病の話も同じです。

世の中には、難病で苦しんでいるたくさんの人がいます。

治療にはおカネがかかります。

何の罪も無い人が、たまたま運によっておカネによって命を握られています。

 

なのにほんの一握りの詐欺師のせいで、世の中の一般の人たちが寄付をやめてしまったら、どうなるでしょう。

そうです。

助かるはずだった命が助からなくなるんです。

しかも人為的な理由でう。

 

  • 詐欺かもしれないから寄付をやめよう。
  • 詐欺かもしれないけど寄付をしよう。

 

前者であれば、詐欺師におカネが行くのは防げますが、その代わり、大部分の詐欺では無い人たちが犠牲になります。

後者であれば、仮に詐欺だったとしても、寄付した人は自分が寄付した金額のみ損するだけなのでダメージは少ないですし、詐欺師を厳しく処罰しておカネを取り返せる可能性もあります。もちろん大部分の苦しんでいる人たちにはおカネが行きます。

 

明らかに後者の方が社会全体のメリットが大きいのです。

 

ひっくるめてはいけない

 

ある事件が起こった時に、ひっくるめて考えてしまう人が多いです。

 

不動産会社が事件を起こせば、

 

「だから不動産会社なんて信用できない。」

 

介護士が事件を起こせば、

 

「だから介護士なんて信用できない。」

 

●●県の人が事件を起こせば、

 

「だから●●県の人は信用できない。」

 

女性が交通事故を起こせば、

 

「だから女性の運転はダメなんだ。」

 

と、短絡的に考えるんです。

 

当たり前のことですが、そんなのは間違いで、大部分の人は問題ないんです。

ごく一部の悪人のために、大部分の罪の無い人にまで罰を与えてはいけないんです。

 

以前から書いているように、日本は寄付後進国です。

よく、アメリカは個人主義で、日本は家族的なんて言われますが、それは単なるイメージであって、実態から目をそらすのは卑怯だと思います。

 

ボクはこれからも積極的に寄付をします。

もちろん中には詐欺もいるかもしれませんが、その場合でもボクが寄付額だけ損するだけで済みますし、その場合はきちんと処罰を求め、ちゃんとおカネを取り返す行動をします。

一部の詐欺を恐れて寄付をやめてしまえば、大多数の困っている人たちを救済できなくなるんですから。

 

www.b-chan.jp

 

今回の事件でボクが一番恐るのは、今回の事件だけを見て、世の中の多くの人が短絡的に考えて寄付行為をやめてしまい、その結果、多くの罪無く苦しんでいる人が助けられなくなることです。

 

これを読んでいる、まともで正しいあなたは、賢明な判断をしてください。

 

www.b-chan.jp